<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.07.08 Wednesday  | - | - | 

「アンフェア」

 すでにハマっています。このドラマに。ストーリーはさておき(いや、もちろん面白いんだけどね)。
それにしても西島秀俊氏、かっこ良すぎ。毎週見るのが楽しみ。「仔犬のワルツ」の時も毎週楽しみだったけど、今回のドラマの方が楽しみ度合いが高いかも。今回の役の方が好きだ。

 決して感情的ではなく、時に冷たい印象を受けることもあるけれど、その感情のなさそうな目が素敵。「このヒトを笑わせたい」と思ってしまうのよね(←完全にやられているらしい…)。
 CMとかで見る彼はまた違って、何とも暖かそうな印象を受けるのですよ。いろいろに変化することができるのは、「色」の付いた役者さんではないっていうことで、何色にでもなれるということなのよね。彼を色で表わすなら「無色透明」。TVや雑誌でも、よく言われている。「透明な役者さん」だと。どこかのインタビューで読んだけど、あんまり役作りとかしないらしい。制作者の意図に合わせて演技しているのだとか。何色にでも変われてしまうって、ある意味すごいことだよね。そんなところが魅力なのかも。

 ワタクシ、一度ハマったらしつこいんですよ。少し前から彼にはハマっているんですが、「アンフェア」が始まった頃から特に気になっているワケなんです。

 ものすごいたくさんの映画に出ていらっしゃるのですが、レンタルしてでも全部見てみたくなっています。しかし先日、近くのレンタルショップに行ってみたら、邦画の少ないこと、少ないこと。ネットでレンタルできるところとかも探してみたけれど、案外少なくて…。オークションとかで中古でも良いから買ってみようかな〜なんて思ったり。とりあえず、入手できそうなものを片っ端から見てみようかな〜。

 今日から彼のことを「西島サマ」とでも呼ぼうかと、そんなことまで考えているワタクシでした(笑)「西島秀俊」カテゴリーも作ってしまった…。

 いつもどこかに夢中になれるヒトがいないとダメなワタクシ。「あれ?KANさんは?」と思われるでしょうが、KANさんは自分の中で「殿堂入り」しているので、別格なのです。(と、いつかも同じようなことを書いたような…)
2006.01.24 Tuesday 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 1 PAGES |