<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.07.08 Wednesday  | - | - | 

じもんじとう。

気付いてみたら、この地に来てから3年半の月日が流れています。

今は、いろんなところでいろんな仕事をして…
慌ただしくバタバタ過ごしている日々です。

来たばかりの頃は、続けている仕事への未練も捨てきれなくて。
少〜し無理して、片道1時間半の距離を通勤したりしていました。
疲れてたけど、充実していた時間。

やはり、距離というのは埋められないもので。

そのうちに仕事の依頼もなくなり。
そして、こちらで仕事を見つけ。
新しい仕事に必死な状態で。

でも唯一、週に1度だけ、PCインストラクターの仕事ができていることで、
何となく自分が納得していたというか、細い糸でかろうじて繋がっている状態でした。
今は、全くなくなっちゃったんだけど。

二兎を追う者は一兎をも得ず。

あれもこれもやろうとすると、全てが中途半端で。
わずか3〜4年で一人前になったつもりでいた自分が恥ずかしく。
何となく、納得するところまでできない状態のまま、
新しい物に手を出してしまった自分に「コレで良かったのか?」と、
疑問をぶつけてみたりします。

今は、パソコンの仕事を全くしていない状態。

…正確に言うと、その世界から離れてしまうのはイヤで、
地元のパソコンサークルに所属してみたものの。
実際には、関わっている「時間がない」というのが正確なところで。

ときどき…

「お金のために」仕事をしてしまっている自分がいることに、
悲しくなることもあります。

割り切らないとできない仕事もあって。


本当は…

「やりたい仕事しかしない」というこだわりを持っているのが、
私ではなかったのか?

そんなことを考える余裕もないのが本当のところでした。


ときどき、こんな風に自分を見つめ直すことも必要で。

そんな時間が取れない…というより、取ろうとしていない…と言った方が正しいか。



どこへ向かおうとしているのか、自分。
何をやろうとしているのか、ワタシ。



本音は…
インストラクターの仕事、、、したい。
たぶん、今の自分は、前のようには戻れなくて。

とにかく、目の前にあることをこなすので必死なのです。


時間が流れるって、そういうことなのかな。
自分自身の意識も、変わってしまうものなのかな。


自問自答の毎日。
2008.11.05 Wednesday 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) | 

ちょっと溜まっていた物を出してみます。すみません。

ちょっと吐き出します。

ワタシ、昔から、一方的に何かを責め立てたり、怒ったりする方がニガテです。

例えば…

スーパーで子供に怒鳴り散らしている母親。
電気店で店員に怒りまくっているオジサン。
人目もはばからず、何かに怒っている人。
文句ばかり言っているオバサン。

もうちょっと冷静に話をすれば良いのに…と思うのです。

人の「怒り」の感情には、ものすごく敏感で…
そして、恐怖に感じてしまい。。。

例えば、そんなところに自分が巻き込まれてしまうと、涙が止まらなくなります。
自分が全く悪くなくて…でも、なぜか責められちゃったり。
自分が関係ないことでも、自分が関わる人が怒られちゃったり。

言いたいことを言える人のことを、うらやましいとも思う。
でも、もうちょっと言い方がないのかなぁ…。

いつも、そんな風に考えて生きています。


なんでしょうね、小さい頃にトラウマでもあったんでしょうか。
そんなことがあった後は、しゃくり上げるように泣き、子供みたいになってしまいます。
言葉もしゃべれなくなるほど、泣いちゃいます。

言い返せる自分だったら良いのに。
でも、何を言い返したいのか、どうしてそんなに悲しいのか、自分でもよくわかりません。

最近、何度かそんなことに悩まされ。
周りの人たちを慌てさせ…

その度に、ああ、自分って何て弱いんだろう。
もっと強くならなきゃな…と思うわけです。


怒鳴ることしか知らない人。
人が言うことに聞く耳を持てない人。
一方的に言うだけでスッキリする人。

その行動によって、周りの人たちをどれだけ不快にさせているか。
そんなことも、考えて欲しいなぁと思う。
見ている人、聞いている人の心もたくさん傷つけているのですよ。

ワタシ…
子供の頃に、スーパーで怒鳴られたこともなかったし。
そういうところを、母は外に見せなかったし。
(家では良く怒られてたけどね。でも、冷静に話そうとしてくれました。母は。)

自分の母のそういうところはとても尊敬している。
ワタシはすごくワガママで、手がかかる子だったのに。

人のふり見て…ですよね。だから、ワタシは周りの人を不快にさせるような…
そんな人にはなりたくないし、ならないようにしようと思っています。

ここまで書いて、ちょっとスッキリした。

吐き出してスミマセン。
2008.10.30 Thursday 00:17 | comments(0) | trackbacks(0) | 

あとから考えたこと。

「無償の愛」っていうけれど、誰もがそんなものを提供できるわけではなく。
提供しようと思っていないのに、そうせざるを得ない状況になったら、自分はどうするか?
その環境に合わせて行かなければならないのでしょうが…

見返りを求めたくても、ことごとく拒否される場合は、どうしたら良いんでしょうね。
じっとガマンの子のうちに、何か与えてもらえるものがあるんでしょうか。

出逢いというものは、自分で選べるようで選べていない。
選んでいないようで、実は自分で選んでいる。
出逢ったのは「縁」であっても、そこへ踏み込んでいくのは、自分。

自分が辛いと思ったら、そこから逃げ出すのは簡単で、
でも、逃げ出さないのはそこに「無償の愛」があるからなのかしら??

…と、最近聞いた友人の話を思い出して、こんなことを書いております。
たまぁに、こんなことが書きたくなります。

「ただ、そこに居てくれれば良い」というのは、キレイごと。
いつか、それだけでは居られないことに気付く。人間は、欲張りだから。


大切な友人が、辛い状況にあって、それがあまりにもかわいそうだと思えてしまった時に、「2人の問題だから…」と、外から見ているのが良いか、「余計なお節介をした方が良いか」。
その人の幸せを思えばこそ、みんなが心配するわけで。


話を聞いたときには前向きに励ましていたけれど、時間が経って冷静に考えると、
やはり腑に落ちない。
それは、私がハッキリしない人が嫌いだからなのかもしれないし。
私と全く価値観が違う人の話を聞いたからなのかもしれないし。
人それぞれに、一緒にいる理由ってあるだろうから。
私の考え方を押しつけることはしたくないけれど。
でも、ずーっと、そのことばかり考えているのです。
ヤツが幸せになるには、何をしてあげられるだろうか?と。

今のままでは、何となく、どちらも前に進めない。
このまま行ったらきっと、お互いに辛いだけになっていくのではないかなぁ?

お互いが変わらなきゃいけないんだと思うよ。
それができないんだったら、一緒にいてはダメなんだと思うよ。

私が言うことじゃないかもしれないけど。でも、それは考えるべき。
後戻りできなくなった時には、辛い現実しか待っていない気がするよ。

…余計な助言かもしれないけれど。「助言」なんて言えないかもしれないけれど。

一緒にいて、"お互いに"心を許せているの?

それが、一方通行だったら…もう一方は、どこへ向けるのさ?
いつまでも、外の世界と交わらずに暮らしてはいけないんだよ。
「がんばれ」って、あまり言っちゃいけないのかもしれないけど…
「がんばらなきゃ!!」って言ってあげたい。
誰の話も聞けない状況ではあるだろうけどね。

時間が経つと、いろんなことが見えてくる。不思議だよね。

大切な友人へ。
2008.04.12 Saturday 20:28 | comments(0) | trackbacks(0) | 

またいろいろと考える。

自分の中にずーっと持っていた気持ちを、人に話せるようになったときに、自分の中で消化できたのだろうなと思う。
人に話すだけで泣けてしまう時期もあったけど、今は過去のこととしてちゃんと話ができるようになった。

それは、今の生活に満足しているからなのかもしれないし、今の自分に納得しているからなのかもしれない。

忙しく過ごしているだけで、時々疑問に思うこともあるし、自分自身不甲斐ないなぁと思うこともあるけれど、これでいいのだ、これで良かったのだ…と思う。


こういう自分になれたからこそ、あの頃会った人たちに会いたいと思うこともある。
彼は今、どうしているのか。
彼女は今、どんな風に生活しているのか。
向こうはそんなこと思っていないと思うけど。
でも、何だかそんな気分になってしまう。

結局は、過去を過去として認められない、認めたくない自分がどこかにいるからなのかなぁ?


そんな今でも、人には話せないことをたくさん持っている。
みんなそうなのかもしれないよね。
それが人間らしいということなのかもしれないよね。


とりとめもなく書いていてゴメンナサイ。
2008.02.11 Monday 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) | 

約束のカタチ。

また今年も、この日がやってきた。

…と、毎年言っているということは、ワタシのココロのどこかに、
やっぱり「忘れられない」いや「忘れたくない」気持ちがあるんだろうと。

毎年この日に、グダグダ言うようになって…もう4年くらいになるのかなぁ。

今のワタシが、あの場所に行ったら…どうなんだろうな。
今のワタシが、会いに行ったら…どうなるんだろうな。

喉の奥が、キューっとする感じ。わかるかなぁ。
いつも、そんな感じになる。今日のことを思うと。

2年…お目にかかっておりませんね。
2年間…どうしていましたか?

今でも、あの頃の時間って何だったんだろうな…?と。
不思議に思うことがあります。
そんなに、不思議で、すべてが夢の中にあるような、そんな時間でした。
もしかしたら…本当に夢だったのかな。

元気にしていますか?
今年も、ちゃんと言っておきます。「オメデトウ」と。

これが、ワタシなりの約束のカタチ。
「ワタシから離れることは、ないよ」っという約束の…。


今さら言っても、仕方ないのに。。。
2007.10.13 Saturday 00:11 | comments(0) | trackbacks(0) | 

月を見て…

赤い月が見えている。

数年前、毎晩のように月を見ながら過ごしていたことがある。
そうしないと、眠れなかった…

寝付けない毎日。考えることは、いつも同じだった。
月を見ると、感傷的になるから、あまり見ない方がいいらしいけれど。

いまだに、月を見ると君を思い出す。
こうなることは、私自身が選択したことなのに。

いつか言葉途切れても この思いは変わらない
思い出の月の下で…

                   ♪Moon/KAN 


君のところから、この月は…
どんな風に見えますか?

もう、私のことを思い出すことなんか、なくなっちゃったんだろうね。
2007.08.05 Sunday 00:17 | comments(0) | trackbacks(0) | 

肩書き。

最近、「何の仕事してるの?」と聞かれて、少々答えに困ることがある。
ええと…
ラジオでしゃべる仕事と、パソコンを教える仕事です。
んで、最近、結婚式の司会なんかも始めようと思っています…。
なんて。

もうちょっとシンプルに答えたい。

「しゃべる仕事してます。」

で、どうだ。
ダメ?

自分の名刺を作ろうと思っているんだけど…
肩書きに困る。

 「パーソナリティー・MC
  PCインストラクター」

なんて書いてある名刺を受け取ったらどうだろう?
受け取った人は混乱しないか?

2種類くらい作っておくべきか?
場所によって使い分けるか。。。
あ、裏表にすればいいか。

なんて。
余計なことをいろいろ考えています。
いや、名刺作らなければいけないのは、ホント。
最近、人に会うのが多いから。
ラジオの関係で会う方には、局から支給されている名刺をお渡しすれば良いのだけれど。
それ以外で会う人には…個人的な連絡先を書いてあるものの方が良いよね。局と関係ないところで、お仕事受けてるわけだから。
最近、男性であろうと女性であろうと、新しく会う人は、みんなゲストに誘っております。やっぱりね、週に2回の番組を埋めなければいけませんから。ゲスト探しは大変なのですよ。ウチの局も、生ゲスト出演推奨してるし。

久しぶりに自分の時間が欲しくなりました。
なんか、いつも仕事がないときと、忙しい時の差が極端なのよね。
ホントは、程々が良いのだけれど。贅沢な悩みかなぁ??
明日のことを何も考えずに眠れる日が欲しいです。最近。

タフなように見えて、全然タフじゃない私。
ホントは、虚弱体質なのよ。体力もないし、ストレスに弱いし。
なんか、このところ、アドレナリン出っぱなし…みたいな感じ。つねに脳が覚醒しているような状態だから、ものすごいテンション高いかもしれない。

♪そうとうがんばり過ぎたね 少し休もう
 丘にすわり 雲と 話をしよう〜♪
 (「ときどき雲と話をしよう」/KAN)


なんて、歌ってしまいますよ。ホント。

さぁ、明日の生放送の準備をしなければ。
2007.04.17 Tuesday 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | 

流されずに。

このあいだ、占い師さんに言われた。

「あなたは、ものすごい行動力を持っています」と。

行動してみてから、
「何してるの?私は…」と、思い直してみることもしばしば。
実は、そういうことも多いでしょうと、言われていたのです。

ここ数日、悩みのタネになっていることに、手を出してしまいました。
誕生日に、「自分は自分…」と言ってみたのに、周りに乗せられて。
まだまだ、未熟だなぁ…自分。

ただ、そんなに重く考えることはないのかもしれないけれど、生来の性格で、何だか重く考えがち。軽く、軽く、考えれば良いのだ。うん。

でも、流されてはダメだ。ちゃんと自分の意志を表示しないと。

自分の生活を自分で壊してしまうことだけは…やめよう。うん。


ここに書いて、整理できない自分の気持ちを、整理してみた。
うん、流されずに。楽しく。
2007.02.05 Monday 20:18 | comments(0) | trackbacks(0) | 

No title

あなたに何を返したら良いか、私にはわかりません。

じっと見つめられても、その目を見ることは、私にはできませんでした。
それを、私の答えだと感じて欲しかったから。

あの時から、私のココロの奥に何かが引っ掛かっていて。
ふとした時に思い出してしまうのです。

考えないようにすれば良いんだけれど。
そんなに深い意味はないと思えば良いのだけれど。
いや、そうしなければならないのだけれど。

しばらく1人になりたい気分です。
あれから、何かにつけて涙もろくなっています。

もう、あの時と同じ事は繰り返したくない。
2007.01.31 Wednesday 19:35 | comments(0) | trackbacks(0) | 

新しいことは…。

新しくはじめたことは、それなりに順調。
ココでは、何をはじめたかは具体的に書いていないけれど、
ちゃんと形になったら、書きますので。

手探りながらも、少しずつ、形になってきました。
相変わらず、研修中には変わりありませんが、年明けには少しずつ事態は変化していく模様です。

そんな中で、相変わらず、言いしれぬ不安と闘っています。
ただ、前と違うのは、その不安は耐えられる範囲だということ。
1年くらい前の自分は、完全に負けていたからね。

たまぁに、今までの職場から電話がかかってきたりすることがあるけれど(仕事の依頼ではないところがサミシイ)そんな電話が、すごくホッとします。

新しいところに足を踏み入れた以上、もう前に向かって進んでいくしかないのだけれど。後戻りはできないわけで。始めた以上、何とか形にしていくことが、今の自分のなすべきこと。

最近、「新しいことを始める気持ちになるのがすごい」と言われるけれど、自分としては「やりたいこと」を「やろう」としただけだから。

だけど、今までやってきた仕事は、辞めるつもりはない。
好きで始めた仕事で、自分にとっては天職…とまではいかなくても、すごく大切な仕事だから。

今度始めたことは、早くいえば「夢」かなぁ?
そんな感じかも。

来週、大きなことをやることに。
とにかく、練習してがんばろうと思う。
2006.12.05 Tuesday 17:10 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 4 PAGES | >>