<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.07.08 Wednesday  | - | - | 

すみません。生きてます。

[ 駄文 ]
 ご無沙汰しまくりです。ごめんなちゃい。

こんなにほったらかしにしているので、見てる方いないかも?な
ココですけれども。

一応、生存確認で。


生きてま〜す。
休みがありませ〜ん。

mixiは、順調に更新してま〜す!(ゴメンね)


リンクさせれば良いんだけどね。mixiに。



4月から書いてないなんて。
3ヶ月も経っちゃうんですね。
そして、更新しないでいたら、広告が出るようになっちゃったので、
消すための書き込みでもあったりするのですが。


前回の更新のあと。

KANちゃんの「じゃあスイスの首都は?」のライブがあったのに、
レポも書かず。

まさよしさんのライブにも行ったのに、報告もせず。

きゃ〜、ゴメンナサイ。
ホント、ゴメンナサイ。マジで。


どこに謝ってるんだかわかりませんが。

また、ちゃんと書きますので。
2009.07.08 Wednesday 23:36 | comments(1) | trackbacks(0) | 

とまれとなりに永遠に僕はいるから…

[ KANさん ]
この曲を初めて聴いたのは…
たぶん、24時間テレビかなんかに、KANさんが出演してて。
それを、たまたま見ていたときだったでしょうか。

その時はKANさんのファンではなくて。
「愛は勝つ」歌ってる人…くらいの認識しかなくて。
…たぶん、91年頃のことだと思う。
でも、何気なく聞いていた「永遠」は、頭の片隅のどこかに引っ掛かっていた。

時は過ぎ…

熱烈なKANちゃんファンになって(自分で言っちゃうあたり…)、
「永遠」は、コンサートの最後の曲という認識が強くなって。

そして、KANちゃん唯一の出版物「ぼけつばりほり」のセルフライナーノーツの、
この曲に関しての内容に、ショックを受け…
でもやっぱり、大事な曲で。


この曲がコンサートの最後に歌われなくなって…
何年になるでしょうか。

そんな今、この曲に注目が集まっています。

つるの剛士さんが、「つるのうた」というアルバムで、この曲をカバー。
どうやら、この曲の中の結婚観に惹かれたとか。

TVでこの曲を歌ったそうなのですが。
ワタシは残念ながら見ておらず。
とある大手動画サイトで拝見し。

そして思ったことは…

「歌は良いんだけど…何かが違う。いいんだけど、すごくいいんだけどね。」


「永遠」は…

とてつもなく悲しい歌なのだ。
とてつもなく、壮大な歌なのだ。
それは、私たちファンにも計り知れないくらい。


最近、コンサートの最後に歌われなくなったのは…
何となく、理由も感じているところ。

そんな「永遠」が、注目されている。
カバーされるのは、それはそれで嬉しい。素直に。
別の人が歌ったところで、別の歌になるから。

ただ、原曲が誰なの?っていうことで、KANさんが注目されたら、、、
ファンとしては、複雑だけど…

その曲を、ずっとずっと前から知っていたことは、ちょっと誇らしいよね。



どうでも良い話ですが…
自分の結婚式で出席者に配布したパンフレットに「永遠」の歌詞を載せて、
自己満足に浸っていたヒトです、私。
2009.04.11 Saturday 21:41 | comments(4) | trackbacks(0) | 

チケットは嫁ぎ先決定。

[ KANさん ]
 良かったです。ホッとしました。

何とか嫁ぎ先が決定しました。
素敵なカップルのもとに。

お2人が、末永く幸せでいらっしゃいますように…。
2009.02.21 Saturday 21:22 | comments(4) | trackbacks(0) | 

チケットが余ってる話。

[ KANさん ]
 あらま、JUGEMさん、いつの間に管理ページが変わったのかしら?

まぁ、良いんですけど。


さて、あんまり良くないことを1つ。

KANちゃんのライブのチケットが、余っています。

3月7日(土)Zepp Tokyo
1階20列2枚連番。
そんなに端っこではなさそうです。

もしも、欲しい!!という方、いらっしゃいましたら…
メールください。

ココまで。
(セキュリティの都合上、☆を@に変更して送信してくださいね。)

どうぞよろしけ。
2009.02.17 Tuesday 19:53 | comments(2) | trackbacks(0) | 

夢コン効果。

[ KANさん ]
すみませんね、KANちゃんの記事ばかりが続きますけど。

夢コンサート以来、こちらをご覧いただく方が増えております。
あんまり大っぴらに宣伝している場所ではないものですから、ちょっとビックリしちゃって…「祭り?」みたいに思っちゃってるワタシですが…
何年かに一度の祭り状態に、ちょっと浮かれています(笑)

過去をさかのぼってみると…
まぁ、KANちゃんのライブ直後はアセクサ数が増えるのは予想できるんですが。
アルバム発売直後とかも。

一番祭り状態だったのは…
木村和名義のアルバム「何の変哲もないLove Songs」が発売されたのち…
ap bank fesで、某有名バンドのS井氏がオープニングに歌っちゃったものですから(「歌っちゃった」なんて言ってゴメンねぇ。。。嬉しかったんだけどね。)
それはそれは、大変な感じでしたよ。
当時、検索すると上位にヒットしちゃうココでしたので、まぁまぁ、ご新規様がいらっしゃること、いらっしゃること。

「そのアルバム、どこで買えますか?」「何とかして手に入りませんか?」
なんて、書き込みされたこともありましたけど…
そりゃあ、ワタシに言われたってどうにもなりゃしませんよ。
「オークションで探してみたら?」とか、「中古で探してみたら?」ってアドバイスしちゃう、ワタシもお人好しなのですけども(笑)
いや、それでも、ブログをご覧になってくださるというのは、嬉しいモノです。

実は、いまだに「何の変哲もないLove Song」は、検索上位キーワードで、、、
某グループのファンの熱心さ、、、いや執念?みたいなのを(笑)感じています(怖〜っ)


今回、夢コンレポを書いたお陰で…
同じ県内にお住まいの何人かのKANちゃんファンな皆様にコメントをいただき。
結構長野県も捨てたもんじゃないわよ。
また、KANちゃん、ソロライブでいらっしゃい!!と、何故か上から目線で思ってみたり。

確か、昨年末に、「長野に来ない」とココで散々愚痴ったもので…
愚痴ってみるものだなぁ〜と、自分のお陰でもないのに、ちょっと威張っちゃってるワタクシでした。

いや、謙虚にいかなければなりません。
欲がなければ、きっと良いことがあるのさ。

ちょっと欲を出してしまったせいか…
ワタシの手元には、KANちゃんの3月7日(土)、東京ライブのチケットが2枚、余っています。困ったわ〜。


そうそう!
今回ご一緒したこの方が、ワタシのレポなんかより、さらにKANちゃん萌え、わきゃわきゃレポを仕上げられましたので、ご紹介しておきます。
どうぞご覧下さい。

たぶん、夢コンのネタバレ詳細レポは、ワタシと彼女しかまだ書いておりません!!

あ、某彼女、勝手にブログリンクしちゃいましたが、よかですか?
2009.02.09 Monday 13:36 | comments(5) | trackbacks(0) | 

【本編レポ】NHK-BS あなたの街で夢コンサート公開収録@岡谷カノラホール

[ KANさん ]
本編レポ一番乗りを目指して…ちょっとがんばってみます。

このblogですが、一応、1つ前の記事の続編なのです。
よろしかったら、お時間のあるときに、そちらもどうぞ〜♪

今回の公開収録には、いろんな方のお陰で行くことができましたので、
お世話になった皆様へ、感謝を込めて…

以下、雑記も多いですが、コンサートレポも含まれますので、
BS-2での放送まで、ネタバレを見たくない方は、お気をつけ下さい。
長文になります。


あなたの街で夢コンサート パンフレット


------------------------------------------------------------------
「愛は勝つ」がキッカケでKANちゃんファンになり、18年目に入りました。
KANちゃんの中でもウルトラタブン、そうなのでしょうけれど、
私たちファンの中でも、あの曲は、いろんな意味で特別。

他の曲に比べると、好きになったり嫌いになったりする確率の高い曲なのではないかと思うのです。
それほどまでにインパクトがあり、またあれほど日本全国、津々浦々、老若男女が知っている曲は、KANちゃんの曲ではほかにないわけです。

私は今までに何度も…100回なんて程ではないくらい「愛は勝つ」を聴いたことがありますが、あれほどまでに心に響いた演奏はない!!というくらい、今日の「愛は勝つ」は素晴らしかったのです。


興奮冷めやらぬうちに、勢いでレポしてみます。
MCの場所や、話の内容は、メモなど取っておらず、覚えている範囲で書きますので、お気づきの点はご指摘下さいね。


収録開始前の私たちの心配事は…
「ステージにピアノが…ない!!」いつ登場するのでしょうか。
プログラムには「ピアノ&歌 KAN」って書いてあるのです。

★18:15公開収録開始★

NHKの職員であろうお兄さんが登場。

岡谷市長や、NHK長野放送局長さん(お兄さんが「名古屋放送局」と紹介し、少しざわつく会場…)のご挨拶があり。

収録についての説明。
出演者の名前を読み上げるだけの紹介。
すでに、この時点で「シンガーソングライターのKANさん!」とお兄さんが言っただけで、拍手する私たち6人。。。

「まだ出て来ませんよ」と、すかさずお兄さん。
この時点で、すでに興奮状態。
開場待ちの間に、胃が痛くなるヒト、気持ち悪くなるヒト(これ、私)も出るくらい。

そして、公開収録と言えば…

拍手の練習(笑)

散々拍手して、すでに手が痛い状態で収録開始。
東京フィルハーモニー交響楽団と、マエストロ、岩村 力さんが登場。

★18:30頃 収録開始★

★ 1.夢ファンタジー序曲 ★
交響楽団の生演奏…なんて、何年ぶりに聞いたでしょうね。
生演奏の迫力に、興奮も増します。やっぱり、生演奏は素敵。
今日の楽団は、100名くらい?だったのかしら?


★ 司会の渡辺徹、鎌倉アナウンサーが下手(しもて)に登場 ★
「ああ!渡辺徹出て来たよ〜」なんて、すでにわきゃわきゃ状態。
どうやら、前日、諏訪に宿泊した模様。
渡辺さんが「宿泊した旅館の窓から諏訪湖が見えまして〜」なんて話をされていました。
ワカサギ釣りにもいらしたことがあるとか。

話を聞きながら、頭の中は次に登場するKANちゃんのことでいっぱい。

トークの間に、ピアノが運び込まれてセッティング。

★ 2.愛は勝つ ★
本日のスペシャルゲスト!…と言われている時点で、すでにKANさん、上手から登場。
来た〜〜〜!!

タキシード姿のKANさん。
中には、あの青○で買ったというシャツ。
黒い蝶ネクタイをしていらっしゃいました。

「正装でカッコイイですね」なんて言われてましたが、ホントにカッコイイ。
で、実は青○のシャツ、ちょっとサイズが大きかったそうです(笑)

演奏前に「愛は勝つ」を自身で編曲したことについて。
この出演のオファーをいただいたときに、「だったら編曲を自分でやらせてください」とお返事をしたこと。
編曲の際には、全小節分の五線紙を用意して、外側を書いてから内側の細かい部分を作っていく…絵画を描くみたいにして書いたこと。
編曲を仕上げるのに9日間かけたこと。(実際にはもっと前から…オファーよりも前から考えてました…と、笑いを誘っていました)
などの話。

また、7年前にフランスに留学した話。
「第一線のミュージシャンとして活躍されていたのに、フランス行きは、大変な覚悟だったのでは?」というようなことを、渡辺さんに聞かれていました。

「クラッシックの勉強をするために」渡仏した…というアナウンサーさんのフリに、
正確には、国外逃亡の末、フランスへたどり着いて、ヒマで仕方なくて、ピアノの勉強でもするか!となったという答え。
ちゃんとピアノを勉強したのは中学2年生までだったこと…
などの話をされていました。

さて、いよいよですよ、愛は勝つ。

前奏は…
ナント、「Carry on, Carry out」の部分の、あのメロディーから!
そして、お馴染みのイントロへとつなぐパターンで。
演奏が始まった途端、鳥肌が立ってしまいました。
あまりにも、管弦楽の演奏が美しくて。

そして…
「心配ないからね〜」の「し」をKANさんが歌った途端…
号泣したワタシ。

しかし、泣いている場合ではありません。
聞き逃せません。隅々まで。
溢れる涙をこらえながら、必死で最後まで聞きます。

サビには、何と、ベートーベンの「歓喜の歌」のメロディーが入ってきて…
そして、オーケストラっぽい締めで終わる。
音楽的な知識はあまりない人が書いていますので、言葉でうまく説明できなくて。
ちょっともどかしい気がするのですが。

素晴らしい。

演奏が終わった後。
こらえきれずに「KANちゃ〜ん」と叫んでしまいました。

ワタシ、普段はライブでもあまり声をかける人ではないのですけれども。
もう、自然に叫んじゃってました。
演奏が終わっても、しばらく涙が止まりませんでした。

演奏の素晴らしさはもちろん…
KANちゃんがココ、長野県で演奏をしている事実。
どれだけ待ち焦がれたことか。
それで感極まってしまったのもあるんでしょうが。

それにしても。
KANさんの声の調子もすこぶる良く。
マエストロの岩村さんもとても楽しそうでエネルギッシュで。
素晴らしい演奏でした。

ここでKANさんは一旦退場。


★ 3.交響的うなぎ音頭 ★

岡谷はウナギの街でして。
最近、うなぎ音頭ができたというのを、たまたまニュースで見て。
今日、お昼にウナギを食べに行くことも、この「うなぎ音頭」が頭に残っていたからで。
私にとって、超タイムリーな、この曲。
しかも、音頭を交響的に…?

マエストロの岩村さんいはく、これがなかなか味があって良い感じだそうで。

ウナギのキャラクターと、今回のコンサートに地元から出演する三澤さんの登場。
三澤さんは、うなぎ音頭の作曲者。
本業はうなぎ屋さん。青年会で、たまたま音楽をやっていた経歴があったので、作曲したのだとか。
三澤さんはサックスで演奏に参加。
地元応援団もたくさん来ていました。

同じうなぎ屋さん3名のコーラス隊も参加。

楽しく、味のある演奏でした。
しばらく、耳について離れないわ。「うなぎ、うなぎ、うなぎの岡谷♪」

★ 4.ジェラシー ★
もう1人のスペシャルゲスト、ジャズバイオリニストの寺井尚子さんが登場。
クラッシック畑でずっとやってきた寺井さん。
ある時、腱鞘炎になってバイオリンを休んでいたときにジャズに出会い、無限の可能性を感じて、ジャズバイオリニストになられたそうです。
スマートで素敵な女性。

「ジェラシー」は、バイオリンの有名な曲。
CMとかで使われてたのかな。
情熱的に演奏している寺井さん、とても素敵でした。
寺井さんって、金鳥?のコマーシャルに出ていましたよね。そういえば。

演奏後、KANさん再登場。
ここでまた、KANさんのピアノの話。
「ずっとやっていらしたワケではないのですよね?」という問いに、
「中学2年まででした」と。さっき聞いたような話。
「その後は、何をしていたのですか?」と聞かれると、「バンドをやっていました」とKANさん。
「どんな曲を?」という問いには「ビートルズです。僕、ビートルズのコピーの、ミートルズというバンドをやっていました」と。
渡辺さんが「え?ビートルズ?」
KANさん「いえ、Mですよ、ミートルズ!」
こんなやり取りがあり、、、
寺井さんは、耳にすることはありましたが、ビートルズをちゃんと聴いたことはなかったというような話をされていました。

ビートルズの演奏は交響楽団にとっても、新しい試みだそうです。

★ 5.ELEANOR RIGBY ★
KANさんと寺井さんのセッションで。もちろん、交響楽団も参加。

KANさんは、イスに座って「歌う」のみ。
KANさんのすぐ隣り(かなり近い、寺井さんのヒジがKANさんに当たりそうな距離)

素敵なセッションでした。
なんか、とても自然で。柔らかい感じ。

演奏後、
「いちばん気合いが入っていたのは、マエストロの岩村さんでしたね」と。
汗だくになって指揮をしていらした様子。

KANさんは、演奏後、
「すぐ近くでのジャズバイオリン、すごい迫力でした」と。
寺井さん、
「ちょっと(距離が)近かったですよね」と。

上に書いた通り、確かにちょっと近すぎ?だったような。
よくKANさん、歌がつられないなぁ…なんて、とても失礼なことを考えながら聞いてしまいました。この曲、次回、自分の番組での選曲決定です(笑)

3曲続けて演奏に入る前に…
続いて、歌劇「カルメン」から2曲演奏されるという紹介と、
KANさんの"最新アルバム"よりオーケストラの演奏にいちばん合いそうな曲ということで、「世界でいちばん好きな人」の紹介。

「どんな曲ですか?」というフリにKANさんは…
「ちゃんとした曲です……ちゃんとした曲って(笑)」と。
そこから「ストレートなラブソングです!」と言い直していました。


★ 6.歌劇「カルメン」から前奏曲 ★

寺井さんは、いつも、男性ばかりのメンバーに紅一点で演奏しており、バレエのプリマドンナを意識されているそうです。
プリマドンナに通じるところのある「カルメン」を。(というようなことだったと思います。)

交響楽団のみの演奏で。
聞いただけでカルメンだとわかる、あの曲です。

★ 7.歌劇「カルメン」からハバネラ ★

交響楽団+寺井さんで。
登場からすでに、カルメンが入っている寺井さん。
バイオリニストって、やっぱり素敵だなぁ…と思ったこの曲。

繊細なようで、力強さもあって…いろんな音が出せるバイオリンの魅力をたっぷり堪能した気がします。


またもや、ピアノ登場。

★ 8.世界でいちばん好きな人 ★

まずは、KANさんの弾き語りから。
イントロは、最近演奏されている…あのイントロです。
(という説明でわかるのか!?)

そこから、徐々にオーケストラが重なっていく感じのアレンジです。
この曲の方が、オーケストラアレンジがイメージしやすいと思います。

それにしても今日は、KANちゃんの声の調子がすこぶる良い気がして。
ものすごく声が伸びていました。
オーケストラと一緒だと、やっぱり気持ちいいんだろうなぁと。
見ている方も、とても嬉しくなる演奏。

「いまこの普通の日々を 大切に生きる」の歌詞が、とても心に沁みた今日。

この曲は、丸山和範さんの編曲によるものでしたが、この編曲のイメージはすごくKANさんの思い描いていたものに近いのではないか?と、演奏しているKANちゃんの満足している様子を見て、思いました。

演奏後、
「世界でいちばん好きな人は、いるんですか?」という渡辺さんの質問に、
「はい、います」と、自信満々に答えるKANちゃん。
渡辺さんが「今日は自宅にいるんですが…」と言うと「うちも今日は自宅にいるんですが…」と返す。
ここで会場にいたKANちゃんファンの多くは「あら?今日は桜子さんは一緒じゃなかたのね?」と、勝手に思っていたハズ(笑)

そして、
「今度は指揮者にもなってみたい」と。
マエストロの岩村さんから、
「いろんな音に囲まれて、楽しいですよ」と言われると、
「とりあえず、指揮棒を買いましょうかね。そのくらいはいいでしょう?」と、KANさん(笑)そのうち、指揮棒を買った話題などが、金コラにでも載るかしら?

KANちゃん退場。

★ 9.アンダンティーノ ハ長調 ★
地元の高校生、森田憲一さんの演奏。
森田さんは、お祖父さんと2人暮らし。
2人の生活の様子や、得意料理(鮭のムニエルとか…だそうです。すごい。)の話題。

森田さんは、幼い頃に両親が離婚。
お母様の実家で育てられていたが、火災でお母様とお祖母様を亡くされたそうです。
いろんなことがあって、心を閉ざしていたところ、
お祖父さまからいただいたチェロを弾くことで、回復していったとか。

お祖父さまからの感動的な手紙の紹介。
そして、演奏するアンダンティーノは、お母様のお別れ会で演奏された曲だそうです。
天国のお母様へ届けたいという演奏。

優しくて、暖かい音色で、聞いている方も癒されました。
ぜひ、これからもがんばって欲しいです。チェロの演奏も、いろんなことも。


ここで、出演者全員がステージに登場。

★ 10.威風堂々 第1番 ★

最後の曲。
お馴染みのこの曲を、出演者全員で。
その前に、それぞれに感想を。

KANさんは、高校生森田さんに、「高校生で、あのチェロの演奏はすごいですね」
うなぎ音頭の三澤さんには「結構通る声をされていて、歌も素晴らしかったです」との感想をおっしゃっていました。

最後の曲は、交響楽団メインで、歌もないので、KANさんは手拍子だけの参加でしたが、指揮者の真似をしたりして笑いをとっていましたよ。

盛り上がりも最高の状態で、すべての演奏が終了し。
公開収録特有の「3点チェック」に入るそう。
「3点チェック」とは、録画したフィルムにキズが付いているかどうかを調べることだそうで、もしダメなら、最初から撮り直し(笑)(実際には、滅多にそんなことはないようですが)

チェック時間中に、再度、出演者の感想を。
KANさんは、「KANちゃ〜ん」なんて声も挙がっていましたが…と渡辺さんが振ると、会場のあちこちから「KANちゃ〜ん!!」と手を振る人たち。
そして、私たちもモチロン。

しかし…声が挙がっているところを見渡しても、、、圧倒的に少ない、KANちゃんファンな皆様(笑)
渡辺さんは、KANちゃんの曲に勇気や希望、優しさ(?)を与えていただいたとか。

そして、3点チェックも無事OKが出たので収録は終了。
私たちは、10時に佐久平発の新幹線に乗るため(私は、乗せるため?)に、ダッシュで会場を後にしました。

それにしても…
収録中のKANちゃんの動き。
左右を向くときに、足のいちを支点にして、クルクル回っている姿とか、
会話中も、所在なさげにしている姿とか、
退場していくときの、ちょっと猫背な後ろ姿とか…
(追記:TVなのに、ハスに構えるのではなくて、完全に横向いてしまってたり…)
そんなことが、いちいちツボにハマってしまい。
ケタケタと笑う私たち。
周りのオバサマ方は、かなりご迷惑だったことでしょう。すみません。

今回はKANちゃんの関わる演奏は3曲しかありませんでしたが、
本当に行って良かった、聴けて良かったと思える演奏を楽しむことができて。
また、あの会場の雰囲気を感じることができて…
新たなKANちゃんファンの方にもお会いできて…
そのほかのKANちゃんファンなお友達の方々とも交流を深められて…
数年ぶりに岡谷にも行けて…

「良かった」「楽しかった」ということがたくさんのコンサートでした。

帰り道も、何とか関東方面へ帰るお友達たちを、佐久平駅から新幹線に乗せることができました。(岡谷からは、中央本線で戻れない時間だったので…)

今回の「愛は勝つ」の演奏は伝説的、聴けたことは本当に貴重な経験だと思います。
本当に、素晴らしかった。今まで聞いた中で一番と言って良いくらい。

音楽的なことが、あまり書けないレポでごめんなさい。
冷静に聞いていられなかったもので。

そして、長いレポ、ここまで読んでくださった皆様に感謝いたします。
ありがとうございました。

今回の収録内容は、
NHK-BS2  2月21日(土)午後6時〜6時49分
NHK-BShi 2月23日(月)午後4時〜4時49分
に、放送予定です。

絶対見る価値ありますので、ご覧下さいませ。
2009.02.03 Tuesday 23:19 | comments(10) | trackbacks(1) | 

【本編レポなしの雑記】あなたの街で夢コンサート 公開収録@岡谷カノラホール 

[ KANさん ]
以下、まだネタバレはありませんので、安心してお読み下さい。
ただ、コンサート本編には、マダ触れておりませんので、あしからず。
本編のレポをご覧になりたい方は、次の記事でどうぞ。

---------------------------------------------------------------
長い1日を、時系列順に。

午前10時。
埼玉から来た、KAN友達のKさんを、私の地元、佐久平駅まで迎えに行き…
その数分後に、名古屋からやってきた別のKさんと合流。
そこから、車で1時間半のドライブ。3人で、楽しい珍道中。

途中、有名なタマゴ屋さんに立ち寄り、ジェラートを食す2人。
私は運転手なので、泣く泣く諦めましたが…
近いので、また食べに行くことを誓い、一路、岡谷を目指します。

攻めの運転に、2人をビビらせ…(笑)
何とか岡谷に到着。
岡谷駅で、横浜から来たCさんと、岡山から来たKさんと合流。

5人で岡谷名物のウナギを食べに行きます。
岡谷市は、ウナギで町おこしをしようとしている街。
事前に美味しいと言われているお店を、友人にリサーチし、美味しいお店でウナギのお昼。

ここで本日2度目のアイスを食べている埼玉のKさん。実家はどうやら群馬(の近く?)らしい(笑)

お店が諏訪湖畔だったので、そのまま湖畔の散策。
都会や、暖かいところから来た皆さんでしたので、信州の寒さ(特に湖畔の)は、堪えたようです。

そういえば、諏訪湖畔なんて訪れたのはいつ以来かしら?
松本にいた頃は、良く来たのですが。
諏訪湖の花火大会も見に来たことがない私。
数年ぶりの諏訪湖畔だったと思います。


その後、岡谷カノラホールへ様子見に。

すでに搬入口付近に止まっている、高級北欧車を発見!!
あら!もう会場入りしていらっしゃるのね!!
(そういえば、高級北欧車を昼間拝見したのは初めてかも?)
皆、口々に「あんな色だったっけ?」「ガラス、あんなに透明だったっけ?」と言いたい放題。

会場前で今度は、神戸から来たPさんと合流。
(Pさん、はじめましてでした〜。)
開場まで時間があるので、近くのショッピングセンターでお茶を飲みました。
今、すっごくKANちゃんにハマっていて…という方々と。
ファン歴が長すぎて、生活の一部になっちゃって、ダメ出しまでしちゃう方々とのやり取りが何とも面白く。そして、新鮮でした。

開場1時間前くらいには、すでにホールに人が集まり始めており。
ただ…集まってくる方々を見る限り、何だか年齢層も高く。
おじいちゃん、おばあちゃん、オジサン、オバサン…
そんな中にいる私たちは、完全に浮いてしまっている状態でした。
違うコンサート見に来てしまったかと思うくらい(笑)

階段の途中に並んで、後方を見渡すと、、、、
溢れんばかりのおじちゃん、おばちゃん、じいちゃん、ばあちゃん。
いつものKANちゃんのコンサートとはワケ違う。完全アウェイ。

並んでいる途中で、同じ県内の熱心なKANちゃんファン、Hさんと会う。
いつも、ご挨拶だけでゴメンナサイ、Hさん。

6名の大所帯で、開場を迎えました。

私たち、6名なのに…整理券を15枚くらい持っており。。。
1枚で2名入場できる整理券ですから、これだけで…30名くらい入れる計算?(笑)

3枚で入場。
係員のオジサマに「記念に持ち帰られたら?」なんて言われ、皆、整理券を記念品にすることに(笑)

私たち6人の席は、1階の後ろから2列目。
かなりみんな、ご不満の様子。
いや、でも仕方ない。

満席になるのかという心配はどこへやら。。。
客席はほぼ埋まり、1000人近いお客様だったそうです。

さぁ、18時15分。公開収録開始です。

→前置き長くてごめんなちゃい。次のblogで、本編をどうぞ。
2009.02.03 Tuesday 23:15 | comments(2) | trackbacks(0) | 

33と7。

[ 駄文 ]
昨日お誕生日でした。
33ちゃいになりました。ゾロ目です。
ちなみに、相方も今、ゾロ目です。40代の。
ゾロ目夫婦(笑)

そんなゾロ目夫婦は、今日、結婚記念日です。
おめでとうございます。

7年も経っちゃいました。
きっと、10年もあっという間でしょうな。
早いものです。

いろいろあったといえば、ありました。
なかったといえば、なかったような。
そんな7年でした。

今年はいろいろ「ある」予定です。
環境が少し変わります。
「家族が増えます!」とか言えないところが悲しいのですが。
まぁ、2人きりもそれはそれで、気楽なので。

あ、別に、どうしても家族を増やしたいわけではなく。。。
忙しいだけなんで。ええ。

ちょっと就職活動なんかもしちゃおうかと思ったり。
今の仕事を辞めるわけではないのですが。一応。念のため。
以外に最近、暇だということに気づき。
ちょっとお金稼ぎたいな〜ってこともあったりして。

何はともあれ、浅間山が噴火しても佐久にはさほど影響はなく。
ご心配いただいておりますが、何とか無事です。ありがとうございます。

8年目に足を踏み入れる私たち夫婦ですけれども、今後ともどうぞよろしけ。



明日は、KANちゃん@岡谷カノラホール!!ですよ〜〜〜。わ〜い。
楽しみです〜〜〜〜。
2009.02.02 Monday 11:14 | comments(7) | trackbacks(0) | 

ぐちぐち。

やましいことは何もないのに…
自分が悪かったような気がして、いてもたってもいられない…
みたいなことって、ときどきありますよね。

今、まさにそんな感じで。
ワタシの配慮が足りなかったっていうのかなぁ…
そのために、うまくいきかけていたことが、そうでもなくなっていて。
なんか、どうしようもなく、やり切れなかったりします。

友情とビジネスって、やっぱり別ものに考えなければならなくて、
そんなことを混同してしまっていた自分を深く反省し…
結局振り出しに戻ってしまいました。


やっぱり、ワタシは仕事に向かないのかなぁ。
「仕事する」ってことを、ちょっと甘く見ているのかもしれない。

このまえ、ワタシの仕事に対して、親戚の叔父に、
「あんなのお遊びの延長だ…」と言われたり、
同僚の家族の方が、
「主婦の片手間でしょ?」なんて言ったということを聞かされると、
「じゃあ、お前、できるのかよ!!」と言いたくなります。

しかし、それは周りから見たら、そう見えるということで。

やっぱり甘いのかなぁ、自分。
もっと、キッチリキッチリできる人でないといけないのかなぁ。

どうしたら良いんでしょうね。難しいです。働くってことは。
2009.01.26 Monday 21:09 | comments(0) | trackbacks(0) | 

明日観覧締め切り。

[ KANさん ]
KANさんが、NHK-BS2の「あなたの街で夢コンサート」にご出演になることは、
ここにもイメージで書かせていただきました。
(ちゃんと書かなくてごめんなちゃい。意地悪したわけじゃないのよ。)

なかなか公式HPに載らないので、やきもきしたのですが、
一応、何通かの観覧申込みハガキを送らせていただきました。

たまたま、地元のNHKのニュースを見ていたら、番組の最後に観覧希望のお知らせが流れていて、やっぱり「愛は勝つ」がBGMで。
ちょっと笑ってしまいましたが。。。

それにしても、岡谷カノラホール、Good job!ですよ(笑)
っていうか、仕切ってるのって岡谷市なの?
ありがとう〜岡谷!

明日19日が、いよいよ締め切りなのですが、
何通か送った観覧希望のうちの1通でも引っ掛かれば良いな…と。
そして、会場でKANちゃんファンな皆様にお目にかかれれば嬉しいなと思っているわけです。

その前に、2月3日(火)、サークルの当番になっているので、代わってもらわなきゃ〜。

KANさんの金コラでも、
「大変な演奏になる」と紹介され、観られる方はぜひ!とのお言葉がありましたので、かなり期待のオーケストラアレンジ「愛は勝つ」が聞かれると思います。

今からハガキ出しても、岡谷市役所へ直接持って行かない限り間に合いませんが…
行かれる方は、ぜひ。

どうしよう、しばらくこの日のことが気になって眠れないかも(笑)

…なんて。

当日、何時に行こう〜とか、
KANちゃんは、どうやって岡谷入りなさるのかしら?とか、
まさか、泊まり?どこに?とか。
いろんなことを考えております。
やっぱ、諏訪湖のほとりの温泉にでも泊まるのか。
まさか、松本まで出たりはしないだろう〜とか。
公開録画とは、全く関係ないじゃん!ってことばかりですが(笑)

悲しきファン心理。
2009.01.18 Sunday 20:38 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 73 PAGES | >>