<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.07.08 Wednesday  | - | - | 

スイスの首都どころじゃなくて。

[ KANさん ]
KANちゃんのライブが決まりました。(今さらですが)

またもや、東京へ参加する予定ですが。
最近、チケット争奪戦ですから、厳しいですよね。
お友達のうちの、誰かが引っ掛かりますように〜。お願いします。
(って、こういう人たちがいるから、争奪戦になっちゃうのかしら?)

今やKANちゃんも、ホールでのコンサートは懐かしい思い出になってしまいましたが。
たまには、ホールで…というのも復活させて欲しいなぁと思ったり。

ライブハウスだと、盛り上がって良いんですけど。

いまだに忘れられないのは…
オールスタンディングだった時のライブ。
Rock'n Roll 39の新潟公演かしら?

1人で参加したんですが、現地で、とある掲示板の書き込みを見て、メールしてお友達になった新潟のKANちゃんファンの方と、一緒に会場入りした記憶があります。
考えてみたら、当時は怖い者知らずでした。
その方とは結局、2回のライブをご一緒したんだったかな?確か。
お元気でいらっしゃるかしら?Rさん。

さて、ライブの話に戻りますが。
会場は、新潟CLUB JUNK BOX。人に説明する時には「理科室にステージが付いてるくらいの広さ」って言ってるんですけど。
整理番号も結構早めだったので、3列目くらいで見られたかしら?
それでも、終わる頃には2列くらい後ろに下がっちゃってましたが。

なぜ、そのライブが良かったかと言いますと…
反応が新鮮だったの。すごく。KANちゃんが何か言ったりしたりする度に、他の会場以上に笑いが起こり。でも、ビックリすることをやると、ちゃんとお客さんが「ポカン」とするのですよ。他会場のように「あぁ、来たよ」っていうんじゃなくって。
その反応の新鮮さに、すっかりやられ。その後もワタシは何度か新潟のライブに参加することになるのですが…
慣れてるところよりも、お客さんの反応が気になるところかもしれませんが、やってる方も気持ちを掴めたら、それはそれは楽しそうで^^

ああいう感じで、もっといろんなところでやって欲しいんですよね。ライブ。
長野に93年以来いらしていないから言うわけではありませんが(←根に持ってる?)、また、ちょこちょこと行ったことのない場所、久しぶりに行く場所も回って欲しいなぁと思うのです。

KANちゃん過疎になっちゃってる場所に住む人間としては、地元でやってもらえることが、そりゃあ、そりゃあ、喜びになるわけで。地元でやってくれるなら、積極的に盛り上げていこうという気持ちは満々で。まかせとけ!とも言いたいくらい、気持ちの準備はできているんですけれども。(←無駄な努力?)

せめて…プロモーションだけでもいらしてくださらないかしら?

もしかして、いつか呼べば来てもらえるかも〜?なんて期待を抱いて、ラジオ局で仕事をしているのも事実なのです。(現状、小さなコミュニティ局じゃあ、予算的にもきっと無理でしょうけど)

昔から、長野は有名アーティストを呼べるイベンターがいないと言われてきました。
だけど、最近はいろんな方々もライブに来るようになり、反応もそこそこになってきたようですし。たまには、考えてもよろしいんじゃなくて?…と、何故か上から目線で言ってみますけど。やっぱ、集客が見込めないってことなのか。。。

ここにこんなこと書いておけば、いつかどこかで関係者の目に留まったりとかして、ちょっとでも考えてくれるのではないかしら?なんて、淡い希望を抱きつつ。
いつか来てほしい、そんな時に備えて…
ワタシは、東京までせっせとライブに通うのでした。

交通費も宿泊費もかけてますので。ぜひとも、いつか。
2008.11.09 Sunday 20:29 | comments(0) | trackbacks(0) | 

一応、書いておかないと。

[ KANさん ]
KANちゃん、お誕生日おめでとうございます〜ケーキ2

46ちゃいですね。

あたしゃぁ、28ちゃいくらいから、追っかけてますよ。
自分も年取るわけだね。。。

来年も再来年もYou're my one and only
ずっと一緒だよ I love you〜♪


これからも、ご活躍を期待しております。
イヤだって言われても、ついていきますからねっ(笑)
2008.09.24 Wednesday 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) | 

ラッキーラクーンナイト3 9/18 渋谷 O-West

[ KANさん ]
ラキラクナイト参加は3回目。
1の時に、運良くお友達に誘っていただけて…
2の時は、運良くチケットが当選して…
3の時は、運悪く…チケット余らせて…(笑)

しかも、チケット家に忘れて、新幹線で軽井沢から引き返す…という失態を繰り広げ。
自分のあまりのアホさ加減に、自分で呆れて、みんなに笑われたラキラクナイト3。

あれは1のとき。
4時間も公演やるなんて…全然知らなくて(笑)、アンコールを見られずにお台場Zepp Tokyoを飛び出した経験から、ちゃんとホテル予約して参加。

会場前で某Kの会会員さんたちにお目にかかり。
(あ、Kの会ってのは、KANさんファンで、たまたまハンドルネームの頭文字が「K」の方が何人か、ファンのお友達にいまして…勝手に「K」の会にしちゃってるんですけど…もちろん、私も「K」なんですけど。説明長っ。。。)
すでに、皆さんわきゃわきゃしていらっしゃいました。
理由は、驚異的な整理番号をお持ちだったため…。ちなみに、ワタシはその30倍くらいの番号だったのですよ(笑)

今回、いつもの相方某Cさんはお仕事でギリギリ到着。
1人で突っ立ってる私の元へ、同じ長野のKANちゃんファン、Yさんが訪れ…
ひさしぶりに、ゆっくり話しながら会場を待つ。彼女の相方さんは、お仕事のため欠席だったそうで。残念でしたね。

開場後、コインロッカーへ荷物を預け。
ロッカーの側の扉から、2階席へ。
私の前にいたお兄さんが「2階席、座ってみられるよ〜」なんて言ってたもので。
つい、つられて入ってしまいました(笑)
2階1列目。わ〜い。座ってポン♪
上から、わきゃわきゃな、Kの会会員さんたちを見下ろして…
人が増えてきた頃に、Cさん到着。
お隣のお兄さん達が優しくて、もう1人分のスペースを作ってくださいました。
ありがとうございます〜>お兄さん達。(って、読んでないって?)

あ、ここまで長いですか。ごめんなさいね。いい加減に本編入ります。すまぬ。
もうお気づきだと思いますが、長文ですので、お時間のあるときに。

<オープニング>

サンダーバードばりのカウントダウン。
「5、4、3、3、3、3…」ん??次は「2」。ってことは…?

<2丁拳銃>
登場です。あの方々って、歌出してるんですよね。確か。
そうそう、小堀さん、mixiで私のところへ足あと残してくださいました。
ご訪問ありがとうございま〜す。(って、読んでないか。)

ネタを2つほど披露。
隣のCさんいわく…「今回がいちばん面白いよね」。
確かに(笑)
川谷さんは普通だったんですけど、小堀さんの髪型…「ビートルズやんけ!」でした。
可愛かったけどね。

<ヨースケ@HOME>

予想はしてたけどね。きっと、トップバッターはヨースケくんだろうと。
(勝手に「ヨースケ君」と読んでるワタシ。)

1.パノラマ
2.キミ to ボク
3.空をみてた(新曲)


ヨースケくん、最初の方は2階席に全く気付いてない様子(笑)
いいけどね、いいんだけど。。。

「キミ to ボク」で使っていた、珍しい機械(リズム覚えるヤツね…)
は、キャンパーさん(=山崎まさよしさん)ファンにはお馴染み。
ああ〜キャンパーさんの匂いがする(笑)

前回のラキラクで拝見してから、結構お気に入りでした、ヨースケくん。
パノラマなんか、たまぁに頭の中をまわっちゃったりとかして。
で、ワタクシ、別のキャンプ系弾き語りブルースハープ弾いちゃうアーティストさんのファンもやってるものですから、もうね、好きじゃないハズがないわけで。
今回、あのカワユさに、完全にやられちゃいました。

超・超アットホームな演奏でございました。感想薄くてゴメンよ。
「そぉ〜でしょう〜♪」

<BLACK BORDERS>
ワタシ的に、いちばん不安だったこの時間。
大丈夫かしら?ハードロックだったら、ついて行かれるかしら??
…しかし、そんな不安は何のその。
ごめん、曲名わかんないんだけど、2曲をハードに演奏してくださいまして。
気付いたら、頭ちょっと振っちゃってるワタシがいました(笑)
ああ〜、ストレス溜まってるんだ、自分。。。なんて、こんなところで気付くあたり。

BLACK BORDERSは、ジェット機・ジャイアントステップの野田タロウさん(ギター)と、ジェット機の川西幸一さん(ドラム)のユニット。
川西さんが、あんた誰?的キャラクターで。
野田さんは、おもろいあんちゃんで(笑)、でも可愛くて。
すっかり気に入ってしまいました。ジェット機の時は、ちゃんと見てなくてゴメンね。

<2丁拳銃 登場>
実は、BLACK BORDERSの演奏中、2階関係者席に小堀さんを発見。
(ちなみに、ヨースケくんもウロウロしてた。)

2丁拳銃の2人、ヨースケくんから言われたとかで、ハーモニカをステージ上で探す。
(その前に、川谷さんがヨースケくんにスタッフと間違えられたそうで…)

「ハーモニカ〜」とウロウロ探している途中、ピアノの近くに行く片方。(どっちが行ったんだっけ?川谷さんだった?)
「そのピアノに触ったらあかん!それは、オモロイおっさんの持ち物や!」

というところから、オモロイおっさん=KANさんの話。

以下、2丁拳銃・小堀さんの話。
「あのオッサン、おもろいで〜」
「こないだ、名刺もらったんよ」
「なんや、わけのわからん"世界カタコト協会"とか書いてはったで。わけわからん。」
「で、バスに乗ったときに、番号を登録しようと思って、名刺に付いてたQRコードを必死で読み込もうとしてたんだけど、読み込めなくて…バスが揺れるからだと思ってて…でも、よくよく見たら、QRコードじゃなくて"超ちっちゃい迷路"やった!!」

(会場・爆笑)

迷路、超簡単な迷路だったそうで(笑)
…っていうか、そんな名刺、欲しいんですけど。。。

さぁ、次はオモロイおっさん…いや、我らがKANちゃん登場。

<KANちゃん>
話に聞いてはいましたが…
ブータンの民族衣装「ゴ」で登場。
足元は、茶色のハイソックスに黒い革靴。

1.東京ライフ


定番ですよ。つかみはバッチリです。

衣装の説明が入り…
ブータンの民族衣装。ブータンは国の決まりで、外出時には民族衣装を着なければならないそうな。
足元は、夏はサンダルとかなのですが、冬はハイソックスに革靴をはくんです。
唯一の自己主張。
「いや、ほんとなんですって!」と言っても、説得力はなく(笑)
(いや、ほんとなんでしょうけど…)

イスの上に乗ってまで説明してくれたKANちゃん。
1列目の皆さんには、衣装の中が見えちゃったとか見えなかった(見られなかった)とか。

2.Day By Day


前回のばったりで演奏してくれて、メチャメチャ嬉しかったですが…
また演奏してくださるなんて。やっぱ、良い曲よね。
辛い時に、何度も聞いたなぁ…。

3.愛は勝つ


最近、よく演奏してくれるようになりましたね。
「次は今月初めて演奏する曲です。手拍子なんかしていただけると有り難いです…」
と、演奏が始まると、速いカウントで手拍子が始まり、一旦演奏をやめ…
「もうちょっとゆっくりな方が…打つのも半分に節約できますし、お互いに良いかと…」
だそうで(笑)

あのイントロから、愛勝つが始まるのは、予想できなかったなぁ。
弾き語りでも…できるじゃん!!(笑)
歌っちゃいましたよ、ええ。楽しかったです。やっぱ、あの曲は気恥ずかしいけどやるべきです!!(なんで、そんなに偉そうなの、ワタシ?)

「続いての曲は、初めてやるんですが、口笛がとても印象的な曲で…」
「でも、ボクは口笛が逆得意なので(笑)、コントみたいになっちゃうんで…」
「ボクの知り合いの中で、いちばん口笛が上手な人を呼びます」

呼ばれたのは、"菅原龍平!"(milco)

菅原さん登場。がっちり握手を交わして。
ウォーミングアップが済み…、立ってる姿勢をKANちゃんにいじられつつ…
KANちゃんのピアノが始まります。

4.恋人


ああ、何だかナツカシイですね。
歌い出しがとても好きです。「し〜ば〜らく2人、別々に暮らそう〜」
これだけでも、切ないっすね。

菅原さん、待っている間、ド緊張。
口笛は…めっちゃ上手い!!
最初は、下手側を向いて吹いてた口笛。あとの方は逆を向いてましたが…意味があるんでしょうか。(笑)

演奏が終わって握手を交わし、、、

KANさん、「次の方どうぞ!」と(笑)

続いて登場は、ヨースケ@HOMEくん。
あら、ホントに次の人がいたのね〜。

「ヨースケくんは、カッコイイし、さわやかだし、何と言っても背が高いのが良いよね〜」
「Tシャツもいろんな色をいっぱい持ってるし」(それは関係あるのか!)
「何と言っても、ハーモニカが格好いいんじゃないですか!」

というわけで、ハーモニカ(あれは、ブルースハープとも言うんだよね。)演奏でコラボ。

…ここで、大阪の打ち上げの話。

ヨースケくん、だいぶ酔っぱらったみたいで。
いつの間にか、テーブルに顔だけ乗っけて「落ち着くんすよ〜」とやってたそうで。
全員でやってみて「案外いいかもね〜」ってなっちゃったらしく。
(その時の写真は、KANちゃんの公式サイトの「金曜コラム」に。)

結果、ヨースケくんは「甘えん坊さんなんだね」だそうです(笑)
きゃ〜、甘えん坊、カワイイ〜♪

5.NewYork State Of Mind /Billy Joel


あのイントロが始まったときに…
「どっちの曲だ〜?」と思ってしまうワタシは、悲しきKANちゃんのファン。
(別に、悲しくはないだろう…)

(こっそり言いますけど…ビリージョエルの曲を歌ってる時のKANちゃんは、いつもよりも、歌が上手く聞こえちゃう気がするのは、ワタシだけですか?)

ヨースケくんのハーモニカが、とっても素敵☆
やっぱ、格好良いわ〜。背も高いし、Tシャツいっぱい持ってるし(笑)。

6.50年後も


やっぱりこの曲ですね。名曲だから、仕方ないです。
最後はやっぱり、しっとりと。そしてビシッと決めてくれるKANちゃんなのでした。

2丁拳銃また登場。
「オモロイおっさんやけど、やっぱカッコエエわ〜」だそうで。

そうでしょう、そうでしょうとも^^

<LUCKY NUMBERS>
今回のラキラクナイト3のために結成されたバンド。
清志郎さんの曲で登場なさった、この人たち。
メンバーは…
ギター・Vo. 菅原龍平(Milco)
ドラム・Vo. 吉田佳史(TRICERATOPS)
ベース・Cho.野田タロウ(ジァイアントステップ、ジェット機)
ギター・Vo. ヨースケ@HOME

…っていう感じなのかな。(誰か、間違ってたら教えてくださいませ)

1.マシマロ/奥田民生
2.ツギハギブギウギ/ウルフルズ
3.Romanticが止まらない/C-C-B
4.ラッキーなメンバーズ/オリジナル
5.今夜はブギー・バック/スチャダラパー featuring 小沢健二
6.硝子の少年/KinKi Kids
7.宝くじは買わない/RCサクセション
8.One more time, One more chance/山崎まさよし


おお〜ナツカシイ曲のオンパレード。
菅原さん、歌うまいっすよね。赤いウルトラマンメガネがかわゆくて。
C-C-Bなんか、「ふっ、ふっ、ふっ」って歌いそうになっちまいました。
しかも、あの曲は、まさかのドラムの吉田さんがボーカルで(笑)

オリジナル曲は、LUCKY NUMBERSの「影のプロデューサー」略して「影プロ」の
KANさんから「オリジナル作った方が良いよ」と正味10回言われた結果だそうで(笑)
とっても素敵な曲でした。

実は、この曲を演奏する少し前から、2階関係者席にKANちゃんのお姿が。
衣装はあのまま。腕を組んで、いかにもプロデューサーっぽく見ていらっしゃいました(笑)
うんうん、、、と納得したご様子で。
ちょっとリズムなんか取っていらしたりして。
向かいにいる私たちは、超緊張しちゃって。でも、嬉しくて♪

客席の私たちは、「Oh yeah! All right!」な感じで、楽しかったっす。

まさかの「今夜はブギーバック」(実はCD持ってる、ワタシ)では、ノリまくり。
こちらも、楽しかった〜。
2丁拳銃も参加して。小堀さん「ハ・グ・キ」言われてて(笑)
「緊張するとハグキが出るんです」だそうです(笑)

ラッキーナンバーズなのに…
「宝くじは買わない」(笑)は、ヨースケくんで。(何が?)
清志郎さんは、元気に復活に向けて、がんばってるって言ってましたよ。

そして、最後の曲は…

菅原さんのアコギのイントロで、わたしゃあ、すぐにわかりましたよ!!
1人、イントロ聞いた瞬間「は〜!」って言ってました。
でも、曲が曲だけに嬉しいのに「ひゃ〜!!」とか「きゃ〜!!」とか言えなくて。

ヨースケくんの時から感じていた、キャンパーさんの匂いは…
ここで形になりました(笑)

「One more time, One more Chance」

最近、まさよしさんはエレキ弾き語りで歌うことが多かったから…
そして、原曲と歌い回しを変えているところも多いから…
アコースティックな、正当派「ワンモア〜」は、久しぶり。新鮮でした。とっても♪
菅原さんの歌も良かったし。

…でも、キャンパーさんにはかなわないわよ。と、相方Cさんと納得。
ごめんなしゃい。

<アンコール>
ここで、LUCKY NUMBERSの影プロ(=KANちゃん)がついに登場(笑)

影プロ「Lucky Raccoonという名前は、もともと、ビートルズのナンバー"Rocky Raccoon"から来ているので…この曲をやるべきタイミングではないか…と。」

影プロの曲解説。

…長い(笑)
みんな、早く歌いたい"フリ"?をしている。

前半部分の歌詞を日本語訳して…(解説は続くよどこまでも)

影プロ「では、スキットを見てみましょう〜」と。

英語の歌詞をセリフに、LUCKY NUMBERSの面々が演じる(笑)

影プロ「"スキット"したでしょう〜?」(笑)

後半部分も同じく。今度は全員がスキット。

影プロ「"スキット"したでしょう〜?」(笑)

短い曲なので、おわったら、バーッと(激しく)拍手してくださいね(笑)

1.Rocky Raccoon/ビートルズ


KANさま、珍しくローランドのキーボードに座って演奏なさっています。
普通にキーボードで演奏するKANさんのお姿は、貴重かもしれません。
マッキーかと思った(笑)

2.Raspberry/TRICERATOPS


最後は全員でこの曲を。
お隣のCさんがノリノリなので、「?」でいると…
トライセラさんの曲だったのですね。そうですか。勉強不足ですんません。

いや、でも、あれからワタシの頭の中は
「Raspberry踊ろうよ〜♪」が、よく流れておりまして。(やべぇ、やべぇ)
担当番組で流しちゃうような始末。
Raspberry、いいっす。トライセラさん、ちゃんと聞き直します。ええ。
ついて行かなくては〜!皆さんに〜(笑)

<アンコール2>

全員で、もう一度あの曲を。

ラッキーなメンバーズ。でも、アンコール全員で歌ったので…

ラッキーなフルメンバーズ


だそうです。

楽しかった〜。盛り上がった〜。O-Westで良かった〜♪
来て良かった〜。

興奮も冷めやらぬまま…
しばらく会場前で余韻に浸り。

時間が時間(終演は22時すぎ)だったので、お茶もできずに…(残念!)
みんなで渋谷を後にしたのでした。

…あ、ワタシだけ渋谷に留まって、泊まりだったのだわ(笑)

素敵な、素敵なライブでした。
あそこにいた人みんなを好きになっちゃいそうなライブでした♪

なぜか、そこに居ない、キャンパーさんの匂いも感じられるなんて!(そこなの?)

そして、そこかしこに、KANちゃんの影が見え隠れしていて…
最年長のKANちゃんに、みんなが従っちゃってる雰囲気が、面白く…。

忘れられない夜になりました〜。

…だけど、あの衣装、私個人の意見としてはいただけないの。う〜ん。
あそこで、ビシっと決まっていたら、カッコイイのに。

あ、でも、それがKANちゃんなのよね。納得してしまう自分に…納得(笑)

「Lucky Raccoon」は、素敵な音楽誌なのです。
ワタシの住んでいるような田舎では、ネットでしか買えませんが、1号から全部持ってます。ぜひ一度、ご覧くださいませ。http://www.luckyraccoon.com/
2008.09.21 Sunday 01:11 | comments(4) | trackbacks(1) | 

ミュージックフェアはダメだったけど、ap bank fesは見られたの。

[ KANさん ]
ミュージックフェアにて、KANちゃんが数年ぶりのTV出演だったのに。
見られない地域に住んじゃってるワタシですよ。

しかし、しっかりスカパー!には入っていますので、昨夜、フジテレビ721にて、
ap bank fes'08の模様を見ることができたのです。

あああ、蘇りましたよ、あの日の記憶。
今年のあわいあわい夏の思い出。
時々映る、つま恋の風景。フードエリア…等々。
何だかナツカシイような、そうでもないような。
不思議な気分で見ておりました。

去年の模様もDVDで見ましたが、やっぱり自分が参加したイベントは見え方が違います。
あの日あった、あんなことやこんなこと、食べたモノや飲んだものまで思い出しています。ああナツカシス。

今回の放送では、KANちゃんの演奏は「50年後も」1曲のみ。
桜井氏もあの曲がホントに好きなんすね。素敵でした。お2人とも。

そうそう、ワタクシ、ap bankのTシャツ、グリーンのやつを購入したんですが。
会場では、ムサイ?お兄さんばかり同じTシャツ着てて。。。
ちょっと凹んでたんですけど。
放送で、カワイイお姉さんが着てくれてたので、ちょっと嬉しかったり。
当日も、大塚愛ちゃんが同じの着て登場して、ちょっとテンション↑あがりました。

そんなこまか〜いことも思い出した、昨日の夜。
2008.09.14 Sunday 01:06 | comments(0) | trackbacks(0) | 

ラッキーラクーンナイト2 (パイスチュ…特に「スチュ」中心レポ)

[ KANさん ]
5月26日。
行ってきました、SHIBUYA-AX。
大阪公演も終わったので、ネタバレ含めて書いてしまいます。よろしけ。
KANちゃんも、何度かこのハコでライブやっていらっしゃるのですが、
私自身、AX初参戦でした。

2時前には、東京に着いていたハズだったのですが、のんびりしておりましたら、新幹線に乗り遅れ。。。
職場の人に会ったら面倒くさいなぁと思っていたのですが…
ウロウロしていたら、バッタリ会ってしまいました。
そうでした…うちの職場は、駅の中…。

結局、3時前に東京着。
新橋のホテルにチェックイン(このホテルが見つからず、右往左往。)。
渋谷に到着は、4時頃になってしまいました。
相方のCさんと合流しまして、目指すはSHIBUYA-AX。
渋谷、久しぶりだわ。いつも、駅前のスクランブル交差点を渡るときに、「あぁ〜、東京。東京は今日もお祭りだわ〜」って思うのですよ。平日の昼間でも、ヒト多すぎ。

SHIBUYA-AX前は、チケットを求めるヒトもたくさん。
そして、すでにグッズ販売に行列。
やっぱり、グッズ買っておかないと入れないでしょう〜?っていうことで、マフラータオルと、黒Tシャツを購入。
列に並んでいる間に、mixiでおせわになっている某Kさんにお会いする。
(Kさん、あ、、、ここでは、Pさん??(笑)DVDありがとうございます。)

私たちの整理番号は1100番台。
開場してもなかなか入れないのです。
開場待ちのあいだ、まわりを見渡しても、やっぱりいつものKANちゃんのライブとは様子が違うわけで。どうやら、ミスチルさんのお客様が多いみたいで。。。

KANちゃんの匂いのするファンの方って、何となく雰囲気でわかるんですよ。
長いこと、ファンやってると。
どっかのライブ会場で見かけたことのある人って、1人〜2人いるわけなのですが。
恐ろしい程見かけない。

開場して、会場へ入ると…
すでに、多くの人たちでごった返し。結局、ステージに向かって、右サイドの壁にもたれて参戦することにいたしました。
それにしても。。。
そんな大きな手荷物、足元に置かないでくださいな…
そこに立つことができたら、もう少し見やすいんですけれども…
と言いたくなる方が、ちらほら…。まぁ、慣れてないんでしょうな。

6時半。ライブ開始。
オープニング・アクトは、「ヨースケ@HOME」

なかなか、良かったっすよ。ホント。アコースティックさ加減が、好みでしたよ。
7月にメジャーデビューだそうですよ。がんばって欲しいですよ。

オープニングは、MCの「2丁拳銃」登場。
ニチョケン、嫌いじゃないんですよ。うん。そう、嫌いじゃないんです。うん。


そして1組目。
キャプテンストライダム
なんかねぇ、いいっすよ。フレッシュさ加減が。
8月には、ROCK IN JAPAN FESとか出ちゃうらしいですよ。
ワタクシ、ハードロックな感じ、実はあまり得意ではないのですが、彼らの音楽は大丈夫でしたよ。
まさかの1曲目、ウルフルズさんの「バンザイ」でした。
ウルフルズファンの心を掴んじゃった模様。

2組目。
トライセラトップス
1度聞いてみたかったんです。トライセラ。
また、自分の番組でかけちゃいますよ、たぶん。気に入っちゃったし。
何が…って?
「初めて歌う曲です。ある人に捧げます。」って前置きして、始まった曲が…
ん??どこかで聞いたことがあるイントロだわ〜?
と思っていましたが、、、
何しろ、私の好きな曲ベスト3に入っちゃう名曲っすから、気付きますとも。
隣りにいたCさんに、声にならない声を送っておりました。
「プロポーズ!!」。

まさかの、トライセラ「プロポーズ」。
KANちゃんファンの心を鷲づかみですよ。ええ。捕まれちゃいましたよ。
しばらく、皆さん気付きませんでしたが。。。
曲が始まると、割と後方から「おお〜!」って歓声が上がり。
KANちゃんファンの皆さまは、ゆったり見る派なのねぇ〜(自分も含め)だということが、わかってしまいました(笑)

トライセラトップス、今度CDレンタルしちゃうよ。たぶん。

トライセラのあと…

MCの2丁拳銃登場。
自分たちのDVDの宣伝とか、「Tシャツ買ってね♪」なんていう話をしていらっしゃいましたが、ステージには、空港ロビーの音が。。。
飛行機の整備士さんの格好の方も出て来ちゃうし、あれよ、あれよという間に…
私たちの周りには、広いスペースができてしまいました。
そんな…みんな、前に詰めんでも…。

その間…ニチョケンの話をみんな、聞いてなくてカワイソウ。
「次は誰なのか、皆さんおわかりのようですね…」って去っていく彼らの後ろ姿が、寂しげでした。

3組目。お待ちかねの、パイスチュ。
パイロットとスチュワーデスは、KANちゃんと櫻井さん(Mr.Children)のお2人が、前回のLuckyRaccoon night vol.1の時に結成したコンビ、、、いや、ユニットです(笑)

KANちゃん登場…だよね?(笑)
最初、誰が出て来たかわかんなかったっす。ごめん、KANちゃん。

まっ赤なストールに、黒いロングスカート。
右の耳の上には、まっ赤な花を挿していらっしゃいました。
登場と共に上がる"悲鳴"(笑)。

フラメンコだよね。イメージはカルメンだよね??

搭乗前に、Cさんと「やっぱ、JALかな?」「ANAはあり得ないっしょ?」という会話をしていたばかり。てっきり、前回と同じ衣装だと…。

見事に期待を裏切られましたよ。もちろん、いい意味で。

ピアノを弾き始めたKANちゃんの後ろ姿に釘付け。
ウナジ(首筋?)あんなに綺麗でしたか??白すぎませんか??

ダララ〜ンと華麗にピアノを弾くKANちゃん。
何が始まるのかと。会場もざわざわ。たぶん、KANちゃんはそんな状況を楽しんでいるんでしょうな。後ろ姿しか見えないけど(笑)

弾いていた曲の中に、Mr.Childrenさんの曲のフレーズが混ざり始めたところ…

機長、桜井氏登場。
また「キャ〜〜〜!」(さっきの悲鳴なんてもんじゃない)。

桜井氏、闘牛士でした。

あの格好、どこかで見たような(笑)でも、ちょっと色が違うかしら?
KANちゃんのサイズだと、たぶん桜井氏、着られないよね。

あの衣装くらいでは、KANちゃんファンは驚きませんよ。
きっと「やるからには、着るんだな」「もちろん着ますよ」なんていうやり取りが
交わされたんでしょうね。
桜井氏、KANちゃんが絶対なんすね。そこまでしてくれるんですね(笑)

てっきり、ご自身の曲を歌われるのだと思っていましたら、

1曲目「マイウェイ」でした。

マントを外し、華麗に振り回す桜井氏。
だいぶ、染まってしまってますね。ここまで来たら(笑)

今回の決めぜりふ。

機長「だって私たちは」
チーフ「あくまでも」
機長「パイロットと」
チーフ「スチュワーデス」
機長「なんですけど、何か?」「オレ!」(で、右手をオレ!のポーズで。)


バージョンアップしてますけど…(笑)

前回は…
「だって私たち、パイロットとスチュワーデス、なんですもの」
だったんですよ。

「あくまでも」パイロットとスチュワーデスなんだそうです。
そうですか、そうでしょうとも。(いい加減、私のパソコンも「パイロットとスチュワーデス」という単語を覚えたようです…)

桜井氏のことを「機長」、チーフパーサーのKANちゃんのことは、略して「チーパー」と読んでくださいとのこと。
そうですか。呼びますとも。いいですよ(笑)

ここから、お互いの曲をカバー。


2曲目「50年後も」(KANちゃんの曲を桜井氏がカバー)

好きなんでしょうね、桜井氏。この曲が。
自分のものにしちゃってますよね。

なんなんでしょうか、今日はKANちゃんのピアノがとても素敵に聞こえちゃうんですけど。
機長、どっか歌詞変えてましたよね。間違えたんでしょうか?どうなんでしょう?


3曲目「抱きしめたい」(Mr.Childrenさんの曲をKANちゃんがカバー)

ああ、良い曲を歌ってくれますね。ダイスキですよ、この曲。
次回、ラジオでかけちゃいますよ。

KANちゃんの声で歌うと、渋みが出ます。曲が深く感じられます。ホントに。
あぁ、KANちゃんファンで良かったっす。

次の「弾き語りばったりツアー」は、この曲もやってくれるんでしょうか。


4曲目「いつでも微笑みを」(Mr.Childrenさんの曲)

ハンドベルが登場しまして。
ハンドベルの音で歌うんだそうですよ。
「お客さんにも手伝っていただきたいんです」と、チーパーさん。
「口笛を吹いて欲しいんです」と。

チーパーさん、口笛を吹いてみるも…「スーッスーッ」。
「私は口笛はダメみたいなので…機長、お願いします♪」
機長、素敵な口笛を披露。
チーパーさん、「上の照明のサイコロの9のやつが点いたら、口笛をお願いしますよ」とのこと。

…「サイコロの9」ですか(笑)

手拍子じゃなくて、指パッチンにして欲しいそうで。
機長が、人差し指同士を合わせてカウントしてみるも…
「音が出ないですからね…」と却下?

お2人の"必死な"ハンドベル演奏に、固唾をのんでしまいまして…
ワタクシ、口笛吹けませんでした(笑)

でも、やっぱりお2人は、プロのミュージシャンですよ。
プロのパワーを感じましたよ。ちょっと感動しちゃいましたよ。必死だったけど(笑)


5曲目「弾かな語り」(パイロットとスチュワーデスのオリジナル曲)

前回のLRNのときに初披露されたこの曲。
また、演奏してくださいましたよ。

…確か、前回は「ゆず」の北川悠仁さんの経験を元に作った…って言ってましたが、今回は「レミオロメン」の歌に変わってました(笑)

地方の飲み屋さんで知り合った彼女の家に行きましたが、源氏名は知ってるけど、本名も知らない。でも「ファンだから、何か歌って」って言われて、音がする物が何もなくて困ってる…っていう歌なんですけど。

前回よりも、お2人の「余裕」が感じられたような。
またもや、素敵な歌でございましたよ。やっぱ、プロってすげぇ。

(注:最近、地元のアマチュアミュージシャンの曲をよく聴かされるので、「プロってすげぇ」という無意味な感動が増えています、ワタクシ…)


6曲目「永遠」(KANちゃんの曲)

最後の曲。
「今日の皆さんとの出逢いが、永遠に……永遠に残っていいのかな?」(笑)と、機長。

残って…いいですとも(笑)もちろん。

あぁ、「永遠」聞くの久しぶりかも。
機長をメインに。そしてKANちゃんが途中からコーラスで参加。
ピアノのみ→ピアノ+機長のギター→ピアノ+機長のギター+ハーモニカ。
徐々に、音が厚くなっていくのが、素敵☆

そして、最後。

「とまれ…隣りに永遠に僕は…僕がいるから…」

きゃ〜!掴まれちゃいましたよ!心を!!(笑)
はぁ…素敵でした。ホントに、ホントに。

正面から見たKANちゃんは、やっぱりこんな女性、どこかにいるよなぁ…って思えて仕方なかったのですよ。

あの衣装でも…KANちゃんは、素敵☆


4組目。
トータス松本 with John.B's Blues Hearts Club Band + 菅原龍平(Milco)
↑のグループ名を、チーパーが紹介していましたが、苦戦していらっしゃいました。
噛まなかったところが、やっぱりプロ(笑)

ええ…正直に申しますと…
このバンド名を見たときに「ブルーハーツ」の曲を歌うんだと思ってました。
恥ずかしい…(笑)

前回は…トータスさん登場のあと、2曲くらいで、会場を抜け、駅までダッシュした私。
今回は、最後まで聞けるのが嬉しい。
最初は、ブルースっぽい曲を(ごめんなさい、曲名わかりませぬ)。

途中、トータスさんのポケットから、マシュマロ登場。
食べ始める。
口の中がいっぱいになると、会場に投げ始める(笑)

食べる→別のポケットからマシュマロ登場→投げる

を、3回ほど繰り返していました。
それにしても、トータスさんのボンバーヘッドが、カッコイイ。

途中で、菅原龍平氏がメインボーカルに。
シュガーベイブ「ダウンタウン」は、素敵でした。
好きな曲です。今も「♪ダウンタウンへ繰り出そう〜〜」って歌いたくなっちゃいます。

その後も、トータスさん→菅原氏と、ボーカルが入れ替わりつつ。
ジュリーの「時の過ぎゆくままに」とか、「ダンシングオールナイト」(もんた&ブラザース)とか、大瀧詠一の曲とかを歌ってくれました。
70年代の曲は、いいよね。やっぱり。
ラストは尾崎紀世彦「また逢う日まで」でした。
やっぱ、エンターテイナーですな、トータス松本さん。カッコイイ。


アンコール「ええねん」(ウルフルズ)

皆さん大暴れですよ。
出演者全員「○○でもええねん!!」って、歌ってました。
「マックシェイクでもええねん!」「ドライヤーでもええねん!」「ヒゲが濃くてもええねん!」って。

我らがKANさん。
何故かヨーデル。「ヨーロレイッヒー」って歌ってましたがww

いろんなblogで書かれていたのは、機長が「(自分の衣装を示しながら)何を着ててもええねん!」って歌ったあとに「ブ○ジャーしてればええねん!」って歌ってたらしいという話。うあ、聞き逃した。。。っていうか、最後の方、誰が歌ってるのかわからんかった。。。

でも、楽しかった!大暴れして。

そして…

あぁ、KANちゃんファンで良かった!って思った日でもありました。
……いろんな意味で。(言いたいことは汲んでくださいませ。)


AXをあとにして、駅に向かう途中。
小さなアイスクリーム屋さんを発見。
Cさんが「眞鍋かをりのblogで紹介されていたお店だよ」と教えてくれたので、
寄ってみることに。

生アイスなるものを、ソフトクリームで出してくれるお店
ソフトクリームしかメニューになく。
喉がかわいていたので、私は牛乳に生ソフトが入ってるのを頼んでみました。
さっぱりしていて、美味しかったです。
お腹痛くなりそうな組み合わせでしたが、大丈夫でした。良かった〜。

帰りは地下鉄銀座線。
新橋のホテルに宿泊だったのですが、ホテルまで歩くのがやっと。
チェックインしたときに、足用ケアセットをプレゼントでもらったのですが、
「足爽快シート」が、すごく役に立ちました。

お風呂に入って、すぐに就寝。

翌朝は7時前にホテルを出て、10時50分からパソコンの授業だったので、早い新幹線で帰ってきたのですが…
これを書いている今日は、木曜日。3日経った今も、疲れを引きずっております。
やっぱり、4時間立ちっぱなしは、堪えます。

…でもさ、前はKANちゃんも、オールスタンディングのライブやってたんだよね。
まだ、当時は若かったんだね、自分www
懲りずに、4回くらい同じライブに参加してたもんねぇ。。。


年取ったな〜僕たち。オレ!

あ…ここにも「オレ!」が出て来た。。。
やっぱ「オレ!」は、締まるんでしょうかね。そうなんでしょうね。これで締めるの、好きなんでしょうね、KANちゃんが(笑)

それにしても、今回のチケットが取れたことは、奇跡的で本当にラッキーだったんだな〜と実感。そして、私は案外チケット運が良いのかもな?なんて思っている恭子の吾郎です。16年追っかけてて良かった〜。

長々とすみませんでした。
続きを読む >>
2008.05.29 Thursday 22:14 | comments(6) | trackbacks(1) | 

NO IDEA 終了 & ラッキーラクーンナイト2

[ KANさん ]
ラッキーラクーンナイト2のチケット、先行予約結果の発表日。

いつものライブの相方Cさんから、当選のメール!!
そして、自分も確認。

わ〜い!!当選!!

東京公演に行かれることになりました。
伝説のユニット『パイロット&スチュワーデス』が見られる!!
運良く、仕事が休みの月曜日。きっと最終新幹線に間に合わないので、泊まるつもり。
でも、翌日の火曜日は仕事があるので、早朝の新幹線で帰ってこないといけない。
KANちゃんのためなら、がんばるけどね。

---------------------------

まさかの横浜ブリ雪、「NO IDEA」初日から1ヶ月。
ZEPP TOKYOの3月9日(日)公演に参加してきました。

実は、急にお友達が行かれなくなりまして、前日、慌ててチケットを引き取ってくれる人を探し…
意外に身近なところで、引き取り手が見つかりました。
同じ職場のちょっとだけ後輩の彼女。

実は彼女は最近、私が紹介したキッカケでKANちゃんの曲を良く聞いてくれていたのです。(ついでに、山崎まさよしさんも。。。)
ピアノのセンセイである彼女。KANちゃんのことを

「F-dur(えふ・ドゥーア)の魔術師だよね」

と言ってのけた。

セレブな彼女は、ライブハウス初体験。おそるおそる誘ってみたら、即OK。
とりあえずホッと…する間もなく、彼女主導で、東京行きプランが決まる。

ナント、帝国ホテルでランチ → 池袋でプラネタリウム → ライブ

という日程。

あ、プラネタリウムは、この日まで山崎まさよしさんの曲とコラボする番組が上映されていたので、行ってみたかったんですよ。

さてさて、始まった珍道中。
パックプランで新幹線のチケットを彼女に取ってもらったのですが…
これもまた、驚くべきグリーン車。(私は人生初体験なのよ)
彼女は乗り慣れてる様子でした。

東京に着き、まずは東京駅内に出来たという「キャラクターズストリート」をちょっと見学。ものすごい混んでたので、何も買えなかったけどね。

有楽町へ向かい、そこから帝国ホテルへ。
TVで見たことあるところへ出掛けるのって、ワクワクするよね。
広いロビーにたくさんの人がいました。
重厚な作りの大きなホテル。ちょっと感動。
ランチビュッフェを食べる。これも電車の切符とパックになってるのよ。

贅沢な気分で、ゆっくりランチ。
貴重な経験でした。そして、一流ホテルはサービスもすごかったなぁ。。。

ゆっくりランチして、池袋へ。
しかし、残念ながら、見ようと思っていた回は満席。見られず仕舞い。
あ〜あ。
仕方なく、東急ハンズで買い物して、お台場に向かうことに。

汐留でお友達のKANちゃんファン、HさんとKさんに合流。
4人で向かったZEPP TOKYO。
何度も来たなぁ、ZEPP。

今回の席は、7列目。西嶋さんの正面、通路あたり。
2度目の参加だったので、曲目はわかってたけど…

1ヶ月で、かなりのパワーアッペぶりに感動。
すげぇ、すげぇ。ずーっとそう思いながら見ていました。

んでも、KANちゃんの声が辛そう。
聞くところによると、あちこちのライブでも声の調子がイマイチだったとか。
ロックな曲は大丈夫だったけどね。

『すべての悲しみにさよならするために』で、いろんなことを思い、号泣しそうに。
最後に矢代さんのキーボードが入ってきて、グワーってなるところが、グッときた。
すんごい良かった。

『僕の彼女はおりこうさん』が始まった瞬間に、右手が上に上がってる自分を、
ちょっとスゴイと思い、『適齢期Love Story』は暴れまくりで、息切れをし…

実はあまり好きではない『50年後も…』で、初めてウルウルした。
そんな公演でした。

ほんっと、良かった。

今回の相方さんは、面白い方で、ノリノリの曲でも椅子に座ったまま、何かをメモっている。終わってから「何を書いてたの?」と聞いてみると、「コード進行とか…」。

さすが、ピアノの先生。玄人は聴き方が違います(笑)
彼女の夢は、シンガーソングライターになることらしいです。
デビューしたら、KANちゃんとお近づきになって、楽屋に私を一緒に連れて行ってくれるそうです(笑)

東京珍道中も、何とかグッタリのうちに終わりました。
いろんなことがあって、忘れられないライブになりました。

------------------------------

M-ON TVの生中継を見ました。(録画してだけど)

最終日も盛り上がっていましたね。
その場にいられなかったのが、とてもとても残念で…

でも、聞くところによると、私のお友達とお友達が会場でばったり会って、お近づきになったそうで。そんなことが妙に嬉しかったりします。
ネットで輪を広げておいて良かったと思う瞬間です。

次は、とりあえずラキラクナイト2。

そしてその次は、弾き語りばったりツアーも決まっています。
ちょっと先だけど、楽しみがあるって、何て嬉しいんでしょうか。

とりあえず東京公演が7月で良かった…
6月だと、結婚式のお仕事が入りそうだったし。

7月、2Days行っちゃおうかなぁ。仕事休んで(笑)

新潟公演ありますねぇ。どうしよっかな。

長々と失礼いたしました。
2008.03.15 Saturday 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) | 

よいん。

[ KANさん ]
テンプレート変えてみたんですけど、どうでしょ?
案外、ワタシって飽きっぽいのかしら??

キレイなんだけど…文字が読みにくいのはご愛嬌。
ゴメンナサイ。しばらくこれで行ってみます。


いまだKANちゃん熱が冷めず。
DVD観ちゃおうかな〜なんて気になってます。
『東京ライブ(最初のライブビデオ)』あたり、引っ張り出して来ちゃうとか?
『孔雀だもの(その次のライブビデオ)』にしちゃうか?
踊るKANちゃん30代。いやぁ〜たまらん。

その前に…
今回の『NO IDEA』CDを作っちゃうか。
そういえば、前のライブの時にそんなことしたよな。。。

いろんなサイトで、レポ見てニヤニヤ。
とあるサイトで動画見てニヤニヤ。

しばらくニヤニヤしながら過ごしそう。
来月まで待てないな〜という感じ。

でも、もう1度、ライブ参加の機会があるのが嬉しいですね。

明日は美味しいお酒でも飲みに行こうかしら〜。
2008.02.08 Friday 22:39 | comments(2) | trackbacks(0) | 

KAN 『NO IDEA』 2月3日 横浜ブリッツ公演。

[ KANさん ]
雪が降ると、やっぱり都会はパニックなんだなぁというのを、目の当たりにしてきました。そんな2月3日。横浜は雪。(KANさんいはく「ブリ雪」)

さてさて。
遅くなりましたが2月3日の横浜レポを。長いよ。

---------------------------------
午前8:45
9:14発の新幹線に乗るために家を出る。
駅までの所要時間は10分。
…しかし。

折からの雪。…というより、大雪。
車を掘り出すところから。あああ、屋根の上も雪がいっぱい。そうこうしているウチに、9時少し前。
急いで飛ばすも、最高時速30kmしか出ず。
駅前の駐車場に止めたときに、乗るはずの新幹線が到着。
そこで、仕方なく諦める。

次の新幹線まで30分。
局にMさんが出勤していたので、ちょっと時間つぶしをさせてもらう。
横浜にいるCさんとHさんに「乗り遅れた」旨、メール。

9:43の新幹線で出発。
東京駅から東海道線に乗ろうと、移動。到着予定時刻は11:48。
乗り込んで待つと、アナウンスが…「ただいま、人身事故のため運転を見合わせております」。あ〜、ナンテコッタ。
京浜東北線に乗り換えて、横浜到着は12時少し前でした。
お2人にお目にかかれてホッとする。
都内は大雪でパニック。電車が遅れ、行き交う人々は口々に「寒い」を連発。
まぁ、もっとすごい雪の街から行った私には、それが面白く映るのですが。

少し駅周辺のショップをウロウロしてから、ランチに。
鶏専門店でお食事。
鶏肉をスパイシーに揚げたものが出てくる。メチャうま。お酒飲みたかった…。
また行きたいです。ほんっと、美味かった〜。

まだ、ライブまで時間があるので、ルミネをウロウロ&スタバでお茶。
ライブ記念にコサージュを購入。バッグの購入も迷うけどやめる。

17時少し前にライブ会場、横浜ブリッツに移動。
最寄り駅を出て少し迷うけど、無事到着。
雪の中、会場前で待つ。大雪の影響でリハーサルが遅れている模様。
開場も少し遅れる。

あちこちに、懐かしい顔が見える。
いやしかし、何となく気恥ずかしくて声がかけられない。
ご一緒したHさんは、久々の再会をたくさんのお仲間と喜んでいらっしゃる。
ちょっとウラヤマシイ。

18:00過ぎ。
やっと開場。今回のライブはグッズがあるそうな。早速チェック。
グッズは、Tシャツと、携帯ストリップ(誤字ではなくってよ)。

迷わず携帯ストリップを購入。
買うときにも、私の前に買っていたCさんがちゃんと「ストリップ」とおっしゃっていたので、私も、「ストリップ1コください」と。やっぱりね、そう言わないといけないでしょう。
(KANさんの意志により、ストラップ→ストリップとしていると思われ…)

今回の席は、4列目。中央ブロック、舞台に向かって左の通路側。
いやぁ、近い。久々に、とても近くでKANちゃんが拝める。

開演前に、マイミクのこひつじさんと初対面。
訪ねてくれてありがとうでした>こひつじさん
とってもかわいらしい方でしたよ。イメージと違ったわ〜(笑)
もちろん、良い意味で。

ワタシはすぐにわかった様子。
ワタシって、見た目と文章のイメージが一致する人なのかしら?
実は、よくそう言われるんだけど。

次は、3月に〜>こひつじさん
はてさて。
19:10過ぎ、10分遅れでライブ開始。

1曲目に何が来るか、衣装がどんなのか、いろいろ予想していたのだけれど。
良い意味で?期待を裏切るオープニング。
まだここでは明かしませんが。
うわぁ、KANちゃん、あの衣装着たかったんだろうね。

今回のライブは、ライブハウスであっても「オールシッティングライブ」と銘打っておりまして、すべて座席指定なのですよ。フランスから帰国後のバンドライブはいつもそんな構成なのですよ。

前半は、オールシッティングの名の通り。
弾き語りも入り、アコースティックもあり。
そして…
立ちっぱなしのノリノリ(古っ)要素もあり。

特に後半は、最近弾き語りが多かったので、忘れかけていた感覚を取り戻すような構成。
KANちゃん!過去のビデオ見直して、影響受けちゃったでしょう??と言いたくなるような。
でも、古くからのお客さんには「そうなのよ、これこれ!」という気持ちで楽しめたことでしょう。久々に、汗だくですよ。アンコールまで。
アンコールのアンコールは、いつもの通り、しっとりと。
そして、最後にお約束のビリー・ジョエルと、ツアータイトルのアナウンスも健在。

ワタクシの席から、とってもとっても、ベースの西嶋さんがよく見えたのです。
実は、今までじっくり西嶋さんを観たことなかったんですが、なんかね、とても素敵でした。西嶋さんファンになりそうでしたよ。
勝手に、「目が合った!!」と思いこんで、恥ずかしくなってしまいました。。。
調子に乗って、西嶋さんのブログにコメント残してしまいました・・・。

最近、お客さん達も学習してきて、みんななかなか席を立たない。
アナウンスを聞かなきゃ帰れないのよね。ぷぷぷ。

心地よい満足感に包まれながら、帰途についたのですが、私は終電に間に合わない時間のため、横浜のCさんのお宅に泊めていただくことに。
Hさんは、最終の新幹線で帰る予定だったのですが、雪の遅れがあったのに間に合わず。
開演の遅れが痛かった。

で、結局Hさんも一緒にCさんのお宅に。
横浜の市バスに初めて乗っちゃったよ。知らない土地。でも、知っている人が住んでいる場所。何だか不思議な気分でした。

相変わらず夜になっても雪は降っており。
結局、横浜の積雪は7僂世辰燭箸。

翌朝、始発に乗るというHさんと一緒に、私もCさんの家を出ました。
Cさんもお仕事なので、朝早く出るそうで。
Cさん、お邪魔いたしました。
Hさん、お疲れさまでした。

朝早くだと、どこもあいていないし、でも、微妙に通勤ラッシュを免れて。
何とか東京駅に着き、開いていた喫茶店でコーヒーを1杯。
そして、9時前の新幹線で帰ってきました。

お昼は、東京駅で買った、駅弁。美味しかった♪
それからワタシは、死んだように日が暮れるまで寝続けたのでした。

それから4日。やっと疲れが抜けてきた感じ。
そして、またいろんなことに追われる毎日を過ごしています。

でも、KANちゃんに会えたことが、かな〜〜りストレス解消になった模様。
2008.02.07 Thursday 21:50 | comments(4) | trackbacks(0) | 

結婚記念日&明日。

[ KANさん ]
誕生日の翌日は…
結婚記念日なのですよ。今年で6周年。
早いものです。ホントに。
怒濤のように過ぎていきました。6年間。
小学校に入学して卒業するのと同じくらいの期間ですよ。
6年のうちに、2回のお引っ越し。3回目にビクビクしている今日この頃です。
いやしかし、ちゃんと6年も夫婦が続いていて良かったです(笑)


そして、明日はKANちゃんのライブで横浜へ行きます。
ライブツアー初日。
考えてみたら、初日って見るのは初めてかもしれません。楽しみです。
この期に及んで、またライブのために服を買いました。
スカートにね、出逢っちゃったんですよね。
ちょっと良いお値段でしたが、このあいだ、高いスーツを買ったばかりなので、
ちょっと金銭感覚がマヒしているワタクシ。
今買い物するのは、ちょっと危ないです。

もちろん分割払いです。。。


明日は、楽しんできます。ずっとKANちゃんお預けでしたからね。
昨年末の分を、取り戻してきます!!
2008.02.02 Saturday 23:40 | comments(2) | trackbacks(0) | 

ハマリQ未練。

[ KANさん ]
KANちゃんの過去のビデオ作品がDVD化され…
クリスマスイブに届いたんですけど。
これがまた、ビデオにはない、オーディオコメンタリー(これ、副音声って言えばいいのかしら??どうなのか?)が付いておりまして。
KANちゃん自ら、作品を振り返りつつ…野沢トオル氏(過去にKANちゃんのライブにメンバーとして参加した、コーラス&ダンサー担当。「アーバン宝田」という別の顔も持つ…)と語っているわけなのですが。
これが、なかなか面白いのです。さすがです。KANさま。

12月25日に開催された、浜離宮でのライブ(通称:ハマリQ)には、チケットの入手がかなわず、行かれなかったので、そのウップンを晴らすべく、見ております。

あちこちで、Premium meets Premiumライブ(ハマリQ)の感想ブログを目にすると…
行かれなかった悲しさがこみ上げるわけで。

年明けのライブには2回行かれるにしても。
アコースティックな、今回のライブも、とっても見たかったです。
あああ、残念だったなぁ。。。いろいろ悔いが残ります。

その分、年明けのライブを楽しみに。
体調だけは整えておきましょう〜♪と。そう誓うのであります。ホントに。

来年は、たくさんKANちゃんのライブが見たいです〜。
…という、わずかな望みがかなうといいなぁと、思います。
2007.12.28 Friday 22:55 | comments(2) | trackbacks(0) | 
<< | 2 / 7 PAGES | >>